【物理】『物理学者「負の質量」を持った流体を作り出したと主張』ScienceAlert 2017/4/12

2017/04/13 00:00
<概要> 米国の研究者から、負の質量をもった流体が作られたと発表された。 これが意味するのは、他の物体と異なり、この流体を押すと、前に動くのではなく、後ろに加速するということだ。 これによって、ブラックホールや中性子星内で起こるいくつかの奇妙な現象に、説明が与えられるかもしれない。 これまでの理論的研究では、一般相対性理論を破ることなく、負の質量が宇宙内に存在する可能性があるという早期兆候がいくつか示されている。 それ以上に、多くの物理学..

続きを読む

【物理】『奇妙な光の粒子が、量子論に関する我々の理解に挑む』ScienceAlert 2017/4/1

2017/04/01 20:04
光子が量子スケールでどのようにエンタングルを経験するかを調べていた科学者たちは、Einsteinが「奇妙な遠隔作用」と呼んだものの、最初の瞬間に関して長い間抱かれてきた仮定に挑戦する、全く予期しないものを発見した。 チームが光子のエンタングルしたペアを生成したとき、それらは予期されていたように同一の位置から生成され分離するわけではなく、空間の全く異なる点から出現した。これは、量子論は、これまで考えられてきたよりも、さらに大きなランダム性を備えている可能性があるこ..

続きを読む

【物理】『時計が正確になるほど、時間は曖昧になる』ScienceAlert 2017/3/11

2017/03/12 11:17
<概要> 物理学者たちは、相対性理論と量子力学を組み合わせることで、時間は普遍的に同一のものではないだけでなく、それを測定するために利用するどんな時計も、周りの時間の流れを曖昧にしてしまうということを結論づけた。もちろん、これは、原子時計のような極めて精密な実験での話である。 同一の空間内の時計の測定精度が上昇するごとに、時間の曲がりを増加させてしまうのだ。 量子力学では、ハイゼンベルクの不確定性原理により、ある量の測定精度を上げると、それと相補的な..

続きを読む

【科学総合】『2016年の初めにはわかっていなかった23の科学事実』ScienceAlert 2016/12/24

2016/12/25 12:23
1.重力波は実在する。 アインシュタインが最初に予言してから100年以上経過した今年、研究者たちはついにその時空のさざ波を検出した。現在合わせて3つの重力波現象を確認している。 2.ナマケモノが大便をする様子は非常に苦しそうで、毎回死にかける。 3.心臓がなくても一年以上生きられる。 4.脳の90%がなくても正常に暮らせる。 5.地表で最も深い点であるマリアナ海溝から奇妙な金属音が聞こえる。 科学者たちは現在、この音は、新たなタイプのクジラの歌..

続きを読む

【物理】『議論の的となっている新たな重力理論、最初の検証をクリアする』ScienceAlert 2016/12/17

2016/12/18 21:07
<概要> 既存の重力理論を修正する新たな仮説が、最初の重要な試験に合格した。 2010年に最初に提案されたその新たな仮説では、重力はアインシュタインの予測とは大きく異なっていると主張しており、今回、3万を超える銀河の独立した研究により、これを裏付ける最初の証拠が発見された。 この仮説は、理論物理学者、Erik Verlindeの名から「Verlindeの重力仮説」と呼ばれている。これがさらなるテストに耐えることができれば、ダークマターを理論から完全..

続きを読む

【物理・Tech】『ドイツの巨大核融合装置が機能することを試験的に実証』ScienceAlert 2016/12/6

2016/12/07 09:49
昨年末、ドイツは新しいタイプの巨大核融合装置を初めて稼働し、超高温のヘリウムプラズマの塊の閉じ込めに成功した。 しかしそれ以来、大きな疑問が残っていた。つまり、この装置は想定どおりに動作していてるのだろうか?いつか制御された核融合反応の維持を実現する可能性のある装置にとって、これは極めて重要な問いだ。そして喜ばしいことに、その答えはyesであった。 米国とドイツの研究者チームは、Wendelstein 7-X(W 7-X)ステラーレーターが、「前例のない精..

続きを読む

【化学】『水がどのように電気を通すのかをついに解明』ScienceAlert 2016/12/2

2016/12/02 17:47
<概要> 生命の最も基本的なプロセスの一つが捉えられた。 水分子がどのように電気を伝えるのかについての研究が始まって200年以上、ついにある研究チームによって、その現象が直接捉えられた。 水が非常に良く電気を通すという話は特に驚くことではなく、ほとんどが小学生くらいから教えられてきた事実だ。しかし、それほど基本的なプロセスであるにもかかわらず、誰もそれが原子レベルでどのように起こっているのかを把握していなかった。 エール大学のMark John..

続きを読む

【認知・医療】『我々の「性格を変えてしまう」猫の寄生虫が、どのように我々の免疫応答をコントロールするかをついに解明』ScienceAlert 2016/11/28

2016/11/28 15:56
世界で最大50%の人が「ネコ寄生虫」トキソプラズマ・ゴンディに感染しており、一部の地域では感染率は95%にも上る。検査しない限り、感染しているかどうかを知る方法はないが、統合失調症や双極性障害などの多くの精神障害に関連している。 トキソプラズマはどこにでも存在し、実際どれほど我々の精神に混乱を及ぼすのかはまだ分かっていないが、科学者たちはついに、なぜそれらが我々の免疫応答をかわすのが得意なのかを見出した。 トキソプラズマは、ほとんどの健康的な人にとっては「..

続きを読む

【物理】『初期宇宙では光は重力より速かったかもしれない』ScienceAlert 2016/11/24

2016/11/26 00:55
真空中の光の速度、すなわちcは、物理学において最も基本的な定数であり、一般相対性理論によれば、重力も同じ速度で伝播する。 しかし、新たな研究は、光の速度が常にこの速度ではなかったことを示唆している。 初期の宇宙では、光が重力よりも速かった可能性があり、この新しい仮説は物理学における最大の問題の1つを解決する可能性がある。 理論物理学の多くの仮説と異なり、この仮説は実際に検証可能であり、それが正しいかどうか今後数年以内に知ることができる。 ではそもそも..

続きを読む

【医療】『2000年以降、麻疹ワクチンにより2000万人の命が救われている』ScienceAlert 2016/11/14

2016/11/15 10:17
<概要> WHOによる新たな報告によれば、2000年から2015年の間におよそ2300万人が、麻疹ワクチンによって命を落とさずに済んでいたことがわかった。 これは公衆衛生において信じがたいほどの成果だ。実際、我々はワクチンのおかげで麻疹がどれほど致死的な病になりうるのかを忘れてしまっているくらいである。 しかし、誰もがそれほど幸運なわけではない。その報告では、世界中で毎日約400人の子供が麻疹で命落としているとも報告している。またWHOは、2010年..

続きを読む

【物理】『重力に関する我々の理解は完全に間違っていると主張する新たな論文』ScienceAlert 2016/11/9

2016/11/09 18:12
<概要> ダークマターの謎を解決するかもしれない新たな仮説が提唱された。その論文の著者であるErik Verlindeは「我々の発見は根本的な変化を起こすものです。我々は今、科学的革命前夜にいるのです」と語っている。 足らない質量を説明するために、未だ検出の困難な未知の粒子が存在しているというアイディアが主流であったが、その探索には失敗してきた。 そこでVerlindeは別の見方をとった。重力と整合性を保つためだけにダークマターを導入するのであれば、..

続きを読む

【認知・医療】『プラシーボ効果を起こす脳の部位を特定』ScienceAlert 2016/11/3

2016/11/04 09:00
<概要> プラシーボ効果に関連する脳の部位が特定された。これにより、プラシーボ効果を経験しやすい人が特定されすくなるだけでなく、特定の脳タイプに応じて薬を処方する新たな方法を与える助けになる。 慢性変形性膝関節炎を持つ98人のボランティアに参加してもらい、fMRIを用い脳の領域を調べた。 「これにより、より根拠に基づいた測定が可能になります。医師は患者の患部がどの程度薬の効果を受けているか測定できるようになるのです」と研究者は述べている。 サン..

続きを読む

人気記事