【生物】『遺伝学を散文に変え、進化的発想を搔き立てた一冊』The New York Times 2006/6/6

2006/06/06 00:00
30年前、ある若い生物学者はより広い聴衆に向けて進化生物学の新しいアイディアの説明を試みようとした。だがその結果彼は、専門家たちにさえ影響を与えるほど幅広く説得力のある形で、ダーウィンの理論を新たに記述しなおすこととなった。 『リチャード・ドーキンス:一人の科学者が、我々の考え方をどのように変えたのか(Richard Dawkins: How a Scientist Changed the Way We Think)』は、ドーキンス博士の著書『利己的な遺伝子』と..

続きを読む

もっと見る

人気記事