【生物】『腸間膜:人間の新たな臓器が発見される(79番目の臓器)』The Independent 2017/1/4

2017/01/05 19:52
<概要> 新たな臓器が、丸裸なまま隠されていた。腸間膜という、これまで消化系の断片構造と考えられていたものである。だが、科学者はこれが臓器であることに気が付いた。 その機能は未だ不明確であるものの、最初の発見者J Calvin Coffeyは、「全く新たな科学領域」を開くと語っている。 この研究はThe Lancet medical journalに掲載されている。 再分類に従って、医療学生は今、腸間膜が別個の器官であると教えられている。世界で..

続きを読む

【認知・医療】『チーズはハードドラッグと同じ脳部位を刺激する, 研究結果』indy100 from The Independent 2016/12/15

2016/12/16 12:10
<概要> チーズには、中毒性のハードドラッグにも含まれる化学物質(※) が含まれていることを、ミシガン大学の科学者が発見した。チーズには、すべての乳製品に含まれるカゼインが含まれ、中毒に関連する脳のオピオイド受容体を活性化させる。 研究は 現在の研究は、すべての食品が中毒的な摂食行動に同等に関与しているわけではなく、乱用薬物との特性を共有する可能性のある高度に加工された食品が、 「食物依存症」に特に関連していると考えられるという予備的な証拠を提供する..

続きを読む

【動物】『チンパンジーに自由の権利が与えられる。アルゼンチンの判決』The Independent 2016/11/7

2016/11/09 23:10
裁判官Mauricioは「人の心は、その人の動物の扱いで判断できる」と哲学者Emmanuel Kantの言葉を引用した。 アルゼンチンの裁判官は、隔離された檻に何年も閉じ込められているチンパンジーに法的権利を与え、動物園から解放すべきであるとの判決を下した。 チンパンジーCeciliaの訴訟は、The Association of Professional Lawyers for Animal Rights (AFADA) により、彼女を仲間から隔絶し幽閉..

続きを読む

【認知】『宗教的な人ほど世界を理解していない、研究が示唆』The Independent 2016/10/26

2016/10/27 17:54
宗教的な人は、世界の理解が乏しく、岩や紙などの物が人と同様の性質を持つと信じる傾向にあると科学者は言う。 ヘルシンキ大学の研究者たちは、どちらも身の回りの世界を理解することが苦手だと判明した、神や超常現象の信仰者たちと自閉症の人々を比較している。 研究により、宗教信仰者たちは、火山や花、岩や風などの物理的あるいは生物的現象を、人間的性質を与えずに理解する能力が乏しいことが見出された。 信仰者たちは、金属やオイルや服や紙などの無生物が、思考したり感じた..

続きを読む

【環境】『子供を持たないという選択は、他のどんな取り組みより環境によい―今や彼らを賞賛すべき時だ』The Independent 2016/8/8

2016/08/09 19:07
<概要> 我々の依存する資源は減少する一方で、世界人口は急速に増加を続けている。各個人のフットプリントを、消費する食物や水、利用する電気やガス、そして排出物を換算して考慮すると、天然資源や環境を守りながら生活基準を改善するという試みの困難さは衝撃的なものとなる。人口サイズは持続可能性の根源的な問題の一つであるが、それは子供を産むかどうかという選択ついても同様である。 タブーである一方で、チャイルドフリーであることは祝福され尊重されるべきものである。チャイル..

続きを読む

【進化心理学】『世界人口全体が裕福になるにつれ、宗教は消滅する、進化心理学者が主張』The Independent 2016/5/10

2016/05/11 22:12
ある進化心理学者たちによれば、世界人口の裕福化は宗教の終わりを意味するという。 その学者グループは、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教などを含む世界の主要な宗教は、裕福なエリートとその他の貧しいコミュニティの間のライフスタイルの違いに対する進化的反応によって生まれたと考えている。 進化心理学者Nicolas Baumard博士は、裕福さと富は人に「スロー」なライフスタイルを送るよう促すため、2500年前のエリートたちは、性的アクティブさもアグレッシ..

続きを読む

もっと見る

人気記事