【生態・環境】『人口増加と生物種の絶滅』Center for Biological Diversity

2017/03/24 20:48
我々は、地球第6の大量絶滅危機の真っ只中にいる。ハーバードの生物学者であるE. O. Wilsonは、年間3万種(あるいは1時間当たり3種)が絶滅に追いやられていると見積もっている。これを1年に100万種あたり1種の絶滅という自然の背景比率と比較すれば、科学者がそれを人類の歴史において比類ない危機と呼ぶ理由が理解できるだろう。 現在の大量絶滅は、惑星あるいは銀河物理学的プロセスではなく、単一の種によって駆動されているという点で、他のすべてのケースと異なっている..

続きを読む

【生物】『遺伝学を散文に変え、進化的発想を搔き立てた一冊』The New York Times 2006/6/6

2006/06/06 00:00
30年前、ある若い生物学者はより広い聴衆に向けて進化生物学の新しいアイディアの説明を試みようとした。だがその結果彼は、専門家たちにさえ影響を与えるほど幅広く説得力のある形で、ダーウィンの理論を新たに記述しなおすこととなった。 『リチャード・ドーキンス:一人の科学者が、我々の考え方をどのように変えたのか(Richard Dawkins: How a Scientist Changed the Way We Think)』は、ドーキンス博士の著書『利己的な遺伝子』と..

続きを読む

もっと見る

人気記事