【生態・環境】『人口増加と生物種の絶滅』Center for Biological Diversity

2017/03/24 20:48
我々は、地球第6の大量絶滅危機の真っ只中にいる。ハーバードの生物学者であるE. O. Wilsonは、年間3万種(あるいは1時間当たり3種)が絶滅に追いやられていると見積もっている。これを1年に100万種あたり1種の絶滅という自然の背景比率と比較すれば、科学者がそれを人類の歴史において比類ない危機と呼ぶ理由が理解できるだろう。 現在の大量絶滅は、惑星あるいは銀河物理学的プロセスではなく、単一の種によって駆動されているという点で、他のすべてのケースと異なっている..

続きを読む

【動物】『おもしろ野生動物写真賞2016の受賞作品』IFLScience 2016/11/16

2016/11/17 09:45
Comedy Wildlife Photo Awards 2016の受賞作品が発表された。 この賞の裏には、野生動物の保護という重要なメッセージも込められている。 【環境】『気候変動により、2100年までに6分の1の種が絶滅する可能性』newsy 2016/10/13 KENYA AIRWAYS IN THE AIR部門 - NICHOLAS DE VAULX A pelican drops its lunch. Nicholas de Va..

続きを読む

【生物・環境】『森の生物多様性の減少は高くつく』ScienceDaily 2016/10/13

2016/10/14 12:45
<概要> 森に関する新たな評価によると、平均して10%の生物多様性が失われると、バイオマスを含む森によってまかなわれる生産性が2%から3%減少する可能性がある。これらの結果を基に、商業的生産性の維持における生物多様性の価値を見積もったところ。1660億から4900億ドルにも及ぶことが分かった。これは、効果的なグローバルコンサベーションにかかる全コストよりはるかに大きい。この結果は、森林管理や復元に関するより良い訴えかけとなるかもしれない。 【環境】『気候変..

続きを読む

【環境】『気候変動により、2100年までに6分の1の種が絶滅する可能性』newsy 2016/10/13

2016/10/14 00:00
海氷の融解のせいでホッキョクグマの2/3が2050年までにいなくなってしまうかもしれないが、気候の温暖化の影響は北極圏に限られたものではない。今世紀の終わりまでに、6分の1の生物種が絶滅してしまうかもしれないのだ。その中には、あなたの予期していないだろうものも含まれている。 温暖化した海は、ロブスターにも悪影響を与える。気候科学者はメイン州の海岸沖の水温は2100年までに5度上昇し、そこに生息するロブスターは生き延びることができなくなるだろうと予測してい..

続きを読む

【環境・生態】『衝撃的な新たな映画が、この惑星に対するあなたの見方を変える』IFLScience 2015/11/30

2015/12/04 22:19
我々はもう地球の第六の大量絶滅期に向かって忍び寄ってはいない。もうすでにその端に辿り着いてしまっているからだ。我々はその内側にいる。あなたはおそらく気づいてさえいないかもしれないが、それは、小惑星衝突や巨大火山の噴火のような大惨事によって引き金が引かれるわけではない。議論はあれど、我々の惑星にとって比較的最近の大災害がある。人類の到来である。 種は、通常の背景比の1000倍の速さで失われている。 それはなぜか?ほんの一部を挙げれば、森林伐採、農業、人為的な気候変..

続きを読む

【環境】『Cowspiracy~環境保護団体があなたに知られたくない事実』

2015/11/01 00:00
これは環境保護団体があなたに観てほしくない映画だ! 「カウスピラシー」 from Happi Vore on Vimeo. DIRECTOR’S NOTE: 畜産のもたらす真の影響における科学や調査は常時発展している。この映画で用いられている統計は制作時に得られた最良の情報に基づいている。我々は新たな情報が得られるに連れてこのリストを更新して行く。 ―温室効果ガス― 畜産による温室効果ガス排出量は、全ての輸送手段を合わせた量よりも..

続きを読む

もっと見る

人気記事