【物理】『時計が正確になるほど、時間は曖昧になる』ScienceAlert 2017/3/11

2017/03/12 11:17
<概要> 物理学者たちは、相対性理論と量子力学を組み合わせることで、時間は普遍的に同一のものではないだけでなく、それを測定するために利用するどんな時計も、周りの時間の流れを曖昧にしてしまうということを結論づけた。もちろん、これは、原子時計のような極めて精密な実験での話である。 同一の空間内の時計の測定精度が上昇するごとに、時間の曲がりを増加させてしまうのだ。 量子力学では、ハイゼンベルクの不確定性原理により、ある量の測定精度を上げると、それと相補的な..

続きを読む

【物理】『どのようにして並行宇宙で時間が逆行しうるのか』IFLScience 2016/1/24

2016/01/25 00:00
時間に関する理解は物理学の大きな未解決問題の一つであり、哲学者たちをも悩ませてきた。時間とはなんだろうか?なぜ決まった方向を持つように見えるのだろうか?宇宙のほとんどの法則は完全に対称でありながら、時間が非対称性であるということを表すものとして「時間の矢」という概念が定義されている。 いま、この説明となるかもしれないものが提唱されている。カルテク(カリフォルニア工科大)の物理学者Sean CarrollとMIT(マサチューセッツ工科大学)の宇宙論者Alan Gu..

続きを読む

【物理】『時間とは何か―なぜ前に向かって流れるのか』The Conversation 2016/1/23

2016/01/24 12:51
What is time – and why does it move forward? Author Thomas Kitching 時間が逆行することを想像してみてほしい。年を取る代わりに若くなり、長い若返りを経て学んだことをすべて忘れながら、やがて生まれる以前の時までさかのぼっていく。これはSF作家フィリップ・K・ディックの小説での描写である。だが時間の方向というのは、宇宙論者たちが格闘している問題の一つでもある。 我々は、時間が決まった方向..

続きを読む

【物理】『量子の世界でも時間は前向きに流れることを実験的に確証』ScienceAlert 2015/12/4

2015/12/04 20:57
Physicists confirm that time moves forward even in the quantum world The future's all we have. FIONA MACDONALD 4 DEC 2015 <概要> 初めて、熱力学の法則が量子レベルでも成り立つことが実験的に実証された。つまり、量子の世界でも覆水は盆に返らない。 時間発展とともにエントロピーが増大するということが、日常的な時間がある方向に流れる..

続きを読む

【物理】『アインシュタイン、時間の非存在について』SCIENCE VIBE 2014/12/8

2014/12/10 00:00
アインシュタインは「今という瞬間」を拒絶した アインシュタインは生涯の友が亡くなった際、彼の家族にあててこう書いている。「我々物理学者にとって、過去、現在、そして未来と言う区別は、たとえ説得力のあるものに感じられたとしても、単なる幻想にすぎません」 アインシュタインが、時間とはニュートンが主張したような絶対的なものではなく、相対的なものであると証明したということは誰もがご存じだろう。 分割されない堅固な現実への信念は、我々が経験する今という瞬間と..

続きを読む

もっと見る

人気記事