【物理】『物理学者「負の質量」を持った流体を作り出したと主張』ScienceAlert 2017/4/12

2017/04/13 00:00
<概要> 米国の研究者から、負の質量をもった流体が作られたと発表された。 これが意味するのは、他の物体と異なり、この流体を押すと、前に動くのではなく、後ろに加速するということだ。 これによって、ブラックホールや中性子星内で起こるいくつかの奇妙な現象に、説明が与えられるかもしれない。 これまでの理論的研究では、一般相対性理論を破ることなく、負の質量が宇宙内に存在する可能性があるという早期兆候がいくつか示されている。 それ以上に、多くの物理学..

続きを読む

【物理】『時間結晶が現実のものに』IFLScience 2017/1/27

2017/01/28 17:27
科学者は「時間結晶」の開発に成功した。まるでDoctor Whoに出てくるもののような名前だが、現実ものだ。だがタイムトラベルとの関係はない。 通常の結晶が空間内で規則的な繰り返し構造を持つのと同じように、時間結晶は時間の中で繰り返される構造を持つ。Physical Review Letterに掲載された論文では、UC BerkeleyのNorman Yaoが率いるアメリカの研究者たちが、時間結晶の性質の測定と作成法について議論している。 初めて時間結晶が..

続きを読む

【物理】『量子論と特殊相対論をプラズマ物理の問題に適用』ScienceDaily 2016/7/29

2016/07/30 20:18
U.S. Department of Energy's (DOE) Princeton Plasma Physics Laboratory (PPPL)の研究者たちにより、通常のアプローチよりはるかに詳しい性質を推察できるプラズマ波の理論が発展させられた。新たな研究では、パルサーを取り巻くプラズマを、Einsteinの相対性理論と量子力学を組み合わせることで解析した。 場の量子論 主要な洞察は場の量子論から得られる。Princeton Program in..

続きを読む

もっと見る

人気記事