【環境】『カーボンフットプリントを減らす最良の方法は、政府が語らないあること』Science 2017/7/11

2017/07/12 09:56
The best way to reduce your carbon footprint is one the government isn’t telling you about By Sid PerkinsJul. 11, 2017 , 4:30 PM カーボンフットプリントを減らしたいのであれば、リサイクルをし、公共交通機関を利用するのは良いことだが、本当に違いを生み出したいのなら、子供の数を減らすべきである。ライフスタイルの選択が個人的な排出量シェアを..

続きを読む

【生態・環境】『人口増加と生物種の絶滅』Center for Biological Diversity

2017/03/24 20:48
我々は、地球第6の大量絶滅危機の真っ只中にいる。ハーバードの生物学者であるE. O. Wilsonは、年間3万種(あるいは1時間当たり3種)が絶滅に追いやられていると見積もっている。これを1年に100万種あたり1種の絶滅という自然の背景比率と比較すれば、科学者がそれを人類の歴史において比類ない危機と呼ぶ理由が理解できるだろう。 現在の大量絶滅は、惑星あるいは銀河物理学的プロセスではなく、単一の種によって駆動されているという点で、他のすべてのケースと異なっている..

続きを読む

【生物・教育】『自然淘汰により「学習遺伝子」が減少している, アイスランドの研究』The Guardian 2017/1/16

2017/01/17 11:37
<概要> アイスランドの研究者は、国内において、より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が、1910年から1975年にかけて減少していることを発見した。 しかし、教育に関係する遺伝子は、多産性にも影響を与えていた。より多くの「教育遺伝子」を持つ人は、他のものより子供が少ない傾向にあった。これより、科学者たちは、より教育レベルの高い人々ほど、アイスランドの遺伝子プールへの寄与が少ないため、それらの遺伝子が希少になったのではないかと提唱している。 ..

続きを読む

【環境】『子供を持たないという選択は、他のどんな取り組みより環境によい―今や彼らを賞賛すべき時だ』The Independent 2016/8/8

2016/08/09 19:07
<概要> 我々の依存する資源は減少する一方で、世界人口は急速に増加を続けている。各個人のフットプリントを、消費する食物や水、利用する電気やガス、そして排出物を換算して考慮すると、天然資源や環境を守りながら生活基準を改善するという試みの困難さは衝撃的なものとなる。人口サイズは持続可能性の根源的な問題の一つであるが、それは子供を産むかどうかという選択ついても同様である。 タブーである一方で、チャイルドフリーであることは祝福され尊重されるべきものである。チャイル..

続きを読む

【環境】『子を産むことは環境にとって恐ろしく悪影響であるため、私は子を持たない』ワシントンポスト 2015/7/14

2015/07/15 00:00
「お子さんはいますか?」 どこの文化でも、子供や子供を産む女性の能力を称えるため、私が旅行中に繰り返し聞かれる質問です。私は子供を持ってはいませんし、個人と環境の両方の理由から生むつもりもありません。しかし、面倒なやりとりは望まないので、私はいつも「いえ、まだです。」と答えるようにしています。 人口過剰とその環境への影響を理由に子供を産まないということは、会話の中で禁句であるため、自分の選択を正直に話すことは難しいということを学びました。結局のところ、ほと..

続きを読む

もっと見る

人気記事