【生物】『腸間膜:人間の新たな臓器が発見される(79番目の臓器)』The Independent 2017/1/4

<概要> 新たな臓器が、丸裸なまま隠されていた。腸間膜という、これまで消化系の断片構造と考えられていたものである。だが、科学者はこれが臓器であることに気が付いた。 その機能は未だ不明確であるものの、最初の発見者J Calvin Coffeyは、「全く新たな科学領域」を開くと語っている。 この研究はThe Lancet medical journalに掲載され…

続きを読む

【動物】『ニワトリは知的で、思いやりがあり、複雑な認知能力をもつ動物』ScienceDaily 2017/1/3

<概要> ニワトリは、多くのものが信じているように、バカでも「鳥頭(まぬけ)」でもない。彼らは明確なパーソナリティを持ち、互いの裏をかくこともできる。 彼らは社会順位の中での自分の位置を理解し、人間が7歳までに発達させる能力である演繹による推論を行うことができる。したがって、ニワトリの知性は、不必要に過小評価され、他の鳥類群の影になっている。Farm Sanctuary…

続きを読む

【その他】『タイタニック号の沈没の原因は氷山との衝突ではなかった可能性, 新たな証拠が示唆』IFLScience 2017/1/3

1912年4月、サウサンプトンからニューヨークに向かう途中でタイタニックが沈没して以来、その原因は速度超過と、氷山に座礁したことだと考えられてきた。 しかし、新たな証拠と精密な調査の結果、これは真実からは程遠いことが示唆されている。 広くタイタニック号の歴史について書いているアイルランドの著者Senan Molonyは、その終焉の引き金は、実際には氷ではなく火によって引かれたのだと…

続きを読む

【科学総合】『2016年の初めにはわかっていなかった23の科学事実』ScienceAlert 2016/12/24

1.重力波は実在する。 アインシュタインが最初に予言してから100年以上経過した今年、研究者たちはついにその時空のさざ波を検出した。現在合わせて3つの重力波現象を確認している。 2.ナマケモノが大便をする様子は非常に苦しそうで、毎回死にかける。 3.心臓がなくても一年以上生きられる。 4.脳の90%がなくても正常に暮らせる。 5.地表で最も深い点であるマリアナ海溝…

続きを読む

【医療】『マリファナと統合失調症の間の因果関係に関する新たな証拠を発見』ScienceDaily 2016/12/19

<概要> 新たな研究によれば、統合失調症の発症リスクが高い人は、マリファナを試す可能性も高いことが分かった。またその研究により、マリファナの試用と症状のリスク増加との因果関係も見出された。 https://www.sciencedaily.com/releases/2016/12/161219084641.htm

続きを読む

【物理】『議論の的となっている新たな重力理論、最初の検証をクリアする』ScienceAlert 2016/12/17

<概要> 既存の重力理論を修正する新たな仮説が、最初の重要な試験に合格した。 2010年に最初に提案されたその新たな仮説では、重力はアインシュタインの予測とは大きく異なっていると主張しており、今回、3万を超える銀河の独立した研究により、これを裏付ける最初の証拠が発見された。 この仮説は、理論物理学者、Erik Verlindeの名から「Verlindeの重…

続きを読む

【生物】『ハリーポッターの「組み分け帽子」そっくりの新種のクモが発見される』BBC 2016/12/15

<概要> ハリー・ポッターシリーズの組み分け帽子に「異様に」そっくりなクモが、インドの科学者によって発見された。全長7mmほどのこのEriovixia gryffindoriは、シリーズの魔法道具にそっくりだ。このクモは帽子の所有者である架空の人物Godric Gryffindorから名づけられた。 このクモはインド南西部の西ガーツ地方の山岳地帯で発見された。 …

続きを読む

【認知・医療】『チーズはハードドラッグと同じ脳部位を刺激する, 研究結果』indy100 from The Independent 2016/12/15

<概要> チーズには、中毒性のハードドラッグにも含まれる化学物質(※) が含まれていることを、ミシガン大学の科学者が発見した。チーズには、すべての乳製品に含まれるカゼインが含まれ、中毒に関連する脳のオピオイド受容体を活性化させる。 研究は 現在の研究は、すべての食品が中毒的な摂食行動に同等に関与しているわけではなく、乱用薬物との特性を共有する可能性のある高度…

続きを読む

【物理・教育】『サンタクロースの謎に対する物理学的説明』Mother Nature Network 2016/12/14

サンタクロースについて好奇心旺盛な子供に説明するときに「魔法」に訴えかけることに気持ち悪さを感じるが、それでも謎の楽しみを守りたいと思うだろうか?エクセター大学の地理学部の物理学者であるKaty Sheen博士は、そんなあなたが話をする必要がある人物だ。彼女は厳密に科学理論を駆使して、サンタの神秘的な振る舞いの多くについての独創的な説明を考案していることをPhys.orgが報告している。…

続きを読む

【環境】『地球温暖化?は!そういえば寒冷化はどうなったの?』Scientific American 2016/12/13

この神話は幾度も反証されてきたが、これほど愉快なやり方は稀だ。 1970年代、気候学者はみな、寒冷化について心配していたはずだ、という主張をしばしば耳にしたことがあるだろう。今では地球温暖化について語っている。そんな彼らのいう事に、どうして耳を傾けるべきだというのだろう? ClimateAdamは、2つの理由があると説明する。まず、70年代にもすべての学者が寒冷化を危惧してい…

続きを読む

人気記事