【人類学・生物】『ホモ・サピエンスの自己家畜化仮説に関する最初の遺伝的証拠が得られる』

By Kei Singleton 2019/12/11 最も惨めな生を強いられるウシ、ブタ、ニワトリたちに代表されるように、古来からホモ・サピエンスは様々な生物種を家畜化してきた。 この慣行は暴走を続け、現在では、バイオマス比で見た地上に生息する哺乳動物の9割以上は、ホモ・サピエンスと家畜動物という事態にもなっている。 工業化された畜産場では途方もない苦しみがもたら…

続きを読む

【人類学】『実際の「パレオダイエット」がどのようなものだったのか、有史以前の歯から明らかに』 Business Insider 2016/9/21

新たな考古学研究により、本来の「パレオダイエット」には、小麦や大麦が含まれており、現代のパレオダイエットのように肉や野菜だけに制限されていたわけではないことが明らかになった。 ケンブリッジ、カーディフ、UCLそしてヨーク大学の科学者たちは、中石器時代(6600 - 6450 BC)である約9000年前の遺骨と、中石器から新石器に渡る時代(6200 - 5900 BC)の遺骨を研…

続きを読む

【人類学・考古学】『人の生贄は、現代社会の進化に役割を果たしたかもしれない』IFLScience 2016/4/5

<概要> 複雑な現代社会の進化において、宗教的儀式が果たした暗い役割を研究者たちは明かした。Natureでの新たな研究によれば、人間の儀式的生贄は、社会的ヒエラルキーの構築と持続を助けてきたという。 考古学的証拠は、人身御供―研究者たちは、超自然的存在者を喜ばせたりなだめたりするための、故意の儀式的殺害と定義している―は、アフリカ、アメリカ、アラブ、オーストロネシ…

続きを読む

【生物・人類学】『ネアンデルタール人は二酸化マンガンを利用し火を起こした可能性』Science 2016/1/29

Neandertals may have used chemistry to start fires By Lizzie WadeFeb. 29, 2016 , 5:00 AM 髪の色から性生活まで、科学者たちは近年、ネアンデルタール人について多くのことを理解してきた。だが、まだある基本的な謎が残っている:彼らは火の付け方を知っていただろうか?考古学者たちは昔からネアンデルタール…

続きを読む

【人類学・健康】『アレルギーはネアンデルタール人の遺伝子のせいかも』IFLScience 2016/1/7

もしあなたが、花粉症や食品アレルギーに苦しんでいるとしたら、それはネアンデルタールやデニソワ人の祖先のせいかもしれない。一部の人々は、我々のゲノムの小さな一片の元である異種間交配によって、害のない花粉や食品への過剰反応と引き換えに、付加的な防御を提供する超過敏な免疫系を与えられているのだ。 その交雑が起こった状況は依然不明であるが、ヨーロッパ人の子孫はゲノムの1%から6%をネアンデ…

続きを読む

【人類学】『宗教は2000年に渡って結束ではなく衝突をもたらしてきた』インディペンデント 2015/12/23

700BC頃のいくつかのメキシコの遺跡に関する新たな人類学的研究の結果は、宗教が早期状態の社会を統一していたという長年抱かれていた信念に反するように思われる。 実は、コロラド大学とセントラルフロリダ大学の研究者たちは、それが反対の効果を持っているのではないかと考えていた。 リオ・ヴェルデ谷とメキシコの太平洋沿岸のオアハカ谷でのフィールド調査の後、アーサー・ジョイス教授とサラ・…

続きを読む

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

人気記事