【環境・数学】『人類がいかに地球をめちゃくちゃにしているかを示すシンプルな方程式』New Scientist 2017/2/10

By Owen Gaffney ホモサピエンスは今や、自然の大きな力に匹敵している。人類は地球システムの変化の主要な要因となっている。工業化された社会は、小惑星の衝突と同等の規模で惑星を変化させている。これは、人間活動が深く環境を形成しているとして、新たに地質学的時代として提唱されているアントロポセン(人新世, Anthropocene)の説明として、しばしばサウンドバイトでなされ…

続きを読む

【数学・その他】『方程式によれば、巨大な陰謀論の多くは現在までに暴かれているはず』ScienceAlert 2016/1/27 【陰謀論】

物理学者によって、4つの広く信じられてる陰謀論がどれだけの間暴かれずにいられるかが計算された。数学的に言えば、その結果は月面着陸否定派や反ワクチン派には好ましいものではなさそうだ。 その方程式は、古風な隠ぺい工作が10年間明かされずにいるには、関与する人間が1000人以下である必要があることを明らかにした。100年秘密にされるには、125人以下の人物しか関与してはいけない。最もポピ…

続きを読む

【数学・物理】『数学の核心にあるパラドックスがある物理的問題を解答不能にする』nature 2015/12/9

数学とコンピュータサイエンスの心臓部にある論理的パラドックスが、現実世界において意味を持ち、原理的に回答不能な物質に関する基本的問題を生み出すことが判明した。 1931年、オーストリア出身の数学者クルト・ゲーデルは、一部の命題は「決定不能」であると発表し、学術界を震撼させた。 三人の研究者たちは、同じ原理が理想化された原子モデルにおいて、電子の最低エネルギーレベルのギャップと…

続きを読む

人気記事