【認知】『神を思うときの脳:スピリチュアルな経験は脳の報酬回路を活性化させる』ScienceDaily 2016/11/29

<概要> 宗教的およびスピリチュアルな体験は、愛やセックス、ギャンブル、ドラッグ、音楽などとほぼ同じ形で脳の報酬回路を活性化させるという報告が、ユタ大学医学部の研究者によってなされた。 この研究結果は11月29日にSocial Neuroscienceに掲載される予定である。 https://www.sciencedaily.com/releases/2016/…

続きを読む

【認知・医療】『我々の「性格を変えてしまう」猫の寄生虫が、どのように我々の免疫応答をコントロールするかをついに解明』ScienceAlert 2016/11/28

世界で最大50%の人が「ネコ寄生虫」トキソプラズマ・ゴンディに感染しており、一部の地域では感染率は95%にも上る。検査しない限り、感染しているかどうかを知る方法はないが、統合失調症や双極性障害などの多くの精神障害に関連している。 トキソプラズマはどこにでも存在し、実際どれほど我々の精神に混乱を及ぼすのかはまだ分かっていないが、科学者たちはついに、なぜそれらが我々の免疫応答をかわすの…

続きを読む

【心理】『性差別主義者の男性は心理的問題を抱えている可能性が高い』The Washington Post 2016/11/22

Sexist men have psychological problems https://www.washingtonpost.com/news/speaking-of-science/wp/2016/11/22/sexist-men-have-psychological-problems/ <概要> 心理学者は、約2万人の男性からの10年間に渡るデータを調…

続きを読む

【認知】『トラウマは男の子と女の子で脳に異なる変化を及ぼす』ScienceDaily 2016/11/11

<概要> 新たな脳スキャン研究によれば、心的外傷性ストレス(Traumatic stress)は、思春期の男の子と女の子の脳に異なった影響を与えるようだ。 外傷性ストレス障害を患っている若者を調べた結果、身体からの合図を感知し、感情と共感を処理する脳領域である、島皮質と呼ばれる脳領域の一部に、性別による構造的な差異があることが判明した。島皮質は、感情や行動および他のいく…

続きを読む

【心理】『最も同情心のある国のランキング』IFLScience EDITOR'S BLOG  2016/10/18

あなたはこの世界や、そこに住む全ての人を救いたいと思うだろうか?あるいは、虐げられた魂を眺めながら、嘆きの海を泳いでいたりだろうか?これは、他者の気持ちを理解し経験する能力である、同情心の両極端な例である。 同情心はもちろん一つのスペクトルであり、平均的に最も同情心のある国民の住む国と、最も同情心のない国民の住む国を調べるため、ミシガン州立大学は63の国に渡る18歳から90歳までの…

続きを読む

【認知】『ヨガは脳トレよりも記憶力を改善する可能性』LiveScience 2016/5/10

ヨガは身体にいいだけでなく、記憶力の向上にもなる可能性があると、新たな小規模な研究が示唆している。 研究では、25人の55歳の成人を対象に行われた。対象者は軽度認知障害というアルツハイマー病の前駆状態となりうる思考や記憶に問題を抱えた症状を持つものであった。被験者は、3か月間のヨガと瞑想のコースか、記憶力を向上することが知られている記憶力トレーニングエクササイズのコースのどちらかに…

続きを読む

【認知】『LSDを使用しているときの脳が初めて画像化される。自己意識の起源に新たな糸口』IFLScience 2016/4/11

世界は自分たちを中心に周ってると考える人たちもいる。しかし、エゴを抱くのに歌姫になる必要はない。科学的に言えば、エゴとは「自己という感覚」を意味する。つまり世界の中で、「境界を持つ個体」であり、他のあらゆるものと切り離された固有のものとして、自分自身の存在を経験する能力である。しかし、これはどこまで人間の精神により構築されるものであり、どのようにして我々は自己を持つとわかるのだろう? …

続きを読む

人気記事