【認知・健康】『アルコールが脳を小さくするのではなく、初めから脳のある領域が小さいことと飲酒に関連がある可能性』

アルコールの摂取が脳の萎縮と関連していることは長い間指摘されてきたことだが、これらの間にある因果関係に異を唱える研究結果が10月にワシントン大学の研究者らによって発表された。 Biological Psychiatryに掲載された彼らの研究によれば、アルコールの摂取が脳の萎縮の原因になっているのではなく、ある遺伝的な要因が、脳の特定の領域の体積が小さいことと、アルコールの過剰な摂取…

続きを読む

【認知】錯視を知覚するのはヒトだけではない。猫も、そしてまた人工知能も、錯視を知覚する!

動いていないのに動いて見える不思議な画像は、SNSでも大人気だが、その奇妙さを体験するのはヒトだけではない。 サムネイルの画像のように、猫も同様の錯視を体験することが研究によって示されている。猫がじゃれている画像は、研究の共著者である立命館大学の北岡明佳教授が作成した『蛇の回転』と呼ばれるものだ。 もちろんヒトあるいはホモ・サピエンスは単なる動物の一種に過ぎず、生理システムの…

続きを読む

【認知】『トランスジェンダーの脳は、早期の段階から、本人が望む性別の脳により近い』ScienceDaily 2018/5/4

<概要> 青年期のトランスジェンダーの人物の脳の活動パターンは、本人が望む性別の典型的な脳の活動パターンに近いという研究結果が得られた。 トランスジェンダリズムの早期の診断とよりよい理解は、若いトランスジェンダーの人々の生のクオリティを改善し、家族により理解ある決定を行わせることができる。 この結果は、脳機能の性差は早い段階で生じること、および、脳スキャンに…

続きを読む

【心理・認知】『サイコパス脳の探索』 ScienceDaily 2017/7/5

<概要> モバイルMRIスキャナーによって、刑務所の受刑者の脳を画像化することで、サイコパシーの兆候を示す脳は奇異なものであり、即自的な報酬を過大評価し、将来の危険や非道徳的な行為の帰結を無視する傾向にあることを見出した。 サイコパスは、膨大な数の犯罪を犯しており、被害者にとって破滅的であり、社会全体が支払うコストも尋常ではない。 これらの行動の原因が、短期…

続きを読む

【心理・社会】『リベラルに比べ保守主義者は謝罪をしない』phys.org 2017/3/9

<概要> クイーンズランド大学のMatthew Hornseyが率いる研究チームは、保守的な人は、リベラルな人よりも謝罪する可能性が低いことを示唆する証拠を見出した。彼らはSocial Psychological and Personality Science誌に掲載された論文で研究について記述し、その結果と、両グループ間に違いが見られる理由についてのいくつかの見解を述…

続きを読む

【認知】『瞬きしても、なぜ視界が途切れないのか』ScienceDaily 2017/1/19

数秒ごとに、まぶたは自動的にシャッターを切り、眼球はソケットに戻る。では、なぜ我々は断続的な暗闇と光の繰り返しの世界に陥らないのだろうか?カリフォルニア大学バークレー校の率いる新たな研究で、まばたく視界を安定させるために、脳が余分な仕事をすることが示された。 研究者たちは、瞬きには乾いた眼を潤し、刺激物から保護する以上の役割があることを発見した。 瞬きをすると、脳は眼球の位置…

続きを読む

【認知・医療】『チーズはハードドラッグと同じ脳部位を刺激する, 研究結果』indy100 from The Independent 2016/12/15

<概要> チーズには、中毒性のハードドラッグにも含まれる化学物質(※) が含まれていることを、ミシガン大学の科学者が発見した。チーズには、すべての乳製品に含まれるカゼインが含まれ、中毒に関連する脳のオピオイド受容体を活性化させる。 研究は 現在の研究は、すべての食品が中毒的な摂食行動に同等に関与しているわけではなく、乱用薬物との特性を共有する可能性のある高度…

続きを読む

【認知】『脳は既存の記憶の固定を守るために、新たな記憶形成を遮断する』ScienceDaily 2016/12/6

<概要> 目覚めて生活している間、我々は連続的な刺激と経験の流れにさらされている。これらの経験の一部は、脳内のニューロン間の接続を強化し、記憶形成の過程を始める。しかし、これらの初期の記憶痕跡は脆弱であり、生涯残る可能性のある長期記憶になるのはほんの少数である。この移行が起こるためには、脳は記憶固定(consolidation)と呼ばれる過程を通じて記憶痕跡を安定させな…

続きを読む

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

人気記事