【生物・教育】『自然淘汰により「学習遺伝子」が減少している, アイスランドの研究』The Guardian 2017/1/16

<概要> アイスランドの研究者は、国内において、より多くの時間を教育に費やす傾向にある遺伝子群が、1910年から1975年にかけて減少していることを発見した。 しかし、教育に関係する遺伝子は、多産性にも影響を与えていた。より多くの「教育遺伝子」を持つ人は、他のものより子供が少ない傾向にあった。これより、科学者たちは、より教育レベルの高い人々ほど、アイスランドの遺伝…

続きを読む

【生物】『脳にとって重要な影響を持つゲノム内のウィルス』ScienceDaily 2017/1/12

<概要> 何百万年にも渡り、レトロウイルスは我々ヒトのDNAに組み込まれてきた歴史があり、現在では全ゲノムのほぼ10%を占めている。スウェーデンのルンド大学の研究グループは、これらのレトロウイルスが遺伝子発現に影響を及ぼすメカニズムを発見した。これは、それらがヒトの脳の発達および、種々の神経系疾患において重要な役割を果たしてきた可能性があることを意味している。 …

続きを読む

【生物】『腸間膜:人間の新たな臓器が発見される(79番目の臓器)』The Independent 2017/1/4

<概要> 新たな臓器が、丸裸なまま隠されていた。腸間膜という、これまで消化系の断片構造と考えられていたものである。だが、科学者はこれが臓器であることに気が付いた。 その機能は未だ不明確であるものの、最初の発見者J Calvin Coffeyは、「全く新たな科学領域」を開くと語っている。 この研究はThe Lancet medical journalに掲載され…

続きを読む

【生物】『ハリーポッターの「組み分け帽子」そっくりの新種のクモが発見される』BBC 2016/12/15

<概要> ハリー・ポッターシリーズの組み分け帽子に「異様に」そっくりなクモが、インドの科学者によって発見された。全長7mmほどのこのEriovixia gryffindoriは、シリーズの魔法道具にそっくりだ。このクモは帽子の所有者である架空の人物Godric Gryffindorから名づけられた。 このクモはインド南西部の西ガーツ地方の山岳地帯で発見された。 …

続きを読む

【生物・医療】『帝王切開が人類の進化に変化を与えている可能性』IFLScience 2016/12/6

<概要> おそらくかなり議論の余地があるものの、新たな研究は、帝王切開が人類の進化に変化を与えている可能性があることを示唆している。 研究者たちは、産道から生まれないケースが、1960年代の1,000人の約30人の割合から今日の1000人中36人に増加したと述べている。 大きな赤ん坊は生き残る可能性が高いため、より大きく生まれるようにする選択圧がある。しかし…

続きを読む

【生物・物理】『光合成を行うために、量子効果を利用する植物』IFLScience 2016/10/25

マレーシアのジャングルに、peacock begonia (Begonia Pavonina)として知られる青い葉を持つ驚くべき植物がある。だがその葉が青い理由には、その色よりも凄い話がある。 植物の葉緑体には、光を減速させる結晶のような構造を持つものがある。これにより、緑色の光をより多く吸収することが可能になり、その「副作用」として青い光が反射され、我々の目にコバルト色に映るよう…

続きを読む

【生物・認知】『マウスは他者の痛みを感じる』Science 2016/10/19

<概要> 同じ部屋にいる他のマウスが痛みを感じているとき、マウスはストレスレベルに関係なく最大で68%も自身に対する痛みに敏感になることが、オレゴン健康科学大学の行動脳科学者Andrey Ryabininらによる新たな研究で示された。 これまでも同様の結果は示されていたが、互いにの様子を見て判断していると考えられていた。しかし今回、十分近くにいない場合でも同様の結…

続きを読む

【生物】『恐竜の暗い肌色が、森の中で隠れる助けになった可能性』LiveScience 2016/9/16

<概要> 白亜紀のある小さな化石が手掛かりとなり、その恐竜の元々の色が明らかになった。トリケラトプスの近縁で、プシッタコサウルスとして知られるその1億2000万年前の恐竜は、暗い背中と明るい色のお腹をしており、体中に斑点とストライプ模様があったと研究者は述べている。 上は暗く下は明るいこの配色は、カウンターシェーディングとして知られ、今日の動物で一般的に見られる…

続きを読む

【生物】『穀類の遺伝子組換えに突破口』ScienceDaily 2016/9/12

遺伝子組換え植物の商業化は広い物議を呼んでいるが、多くの研究がその技術の改良に焦点を当てている。そのような議論に馴染みのある方々はご存じと思われるが、遺伝子導入技術は価値ある交配素材に望ましい形質を持たせる遺伝子を付加させることができる。しかし、遺伝子導入植物は、基礎科学研究においても幅広く利用されている。たとえば、単一の遺伝子を加えることで、その遺伝子がどのような機能をもつのかを調べる…

続きを読む

【生物・環境】『107人のノーベル賞受賞者、GMOを巡るグリーンピースへの意見書にサイン』ScienceAlert 2016/6/30

「これが"人類への罪"であるとみなされるまでに、どれだけの貧しい人が命を落とさないといけないというのか?」 <概要> 100人を超える一線の科学者たちが、遺伝子組換え作物(GMO)の使用に積極的に反対する活動を行うグリーンピースなどの団体に対し公開文書を送り、GMOを巡る議論での明確な立場を表明した。 科学者たちは特に、ゴールデンライスへの反対に関してグリー…

続きを読む

人気記事