【環境】『不可能な環境主義者:グリーン団体は夢想的なファンタジーを推進している』USA TODAY 2017//9/7

最近、地球の友(Friends of the Earth)が、肉の味や触感をそれなりに再現することに成功した最初の食肉代替品であるImpossible Burgerを拒否した例ほど、現代の環境思想と擁護が単純に環境に悪影響となることを示す例を見つけるのは難しい。 牛肉の消費が劇的に増加すると予想される世界では、消費者が実際のものと同等か、それ以上の味と判断する肉の代替製品の開発は、…

続きを読む

【環境】『カーボンフットプリントを減らす最良の方法は、政府が語らないあること』Science 2017/7/11

The best way to reduce your carbon footprint is one the government isn’t telling you about By Sid PerkinsJul. 11, 2017 , 4:30 PM カーボンフットプリントを減らしたいのであれば、リサイクルをし、公共交通機関を利用するのは良いことだが、本当に違いを生み出した…

続きを読む

【生態・環境】『人口増加と生物種の絶滅』Center for Biological Diversity

我々は、地球第6の大量絶滅危機の真っ只中にいる。ハーバードの生物学者であるE. O. Wilsonは、年間3万種(あるいは1時間当たり3種)が絶滅に追いやられていると見積もっている。これを1年に100万種あたり1種の絶滅という自然の背景比率と比較すれば、科学者がそれを人類の歴史において比類ない危機と呼ぶ理由が理解できるだろう。 現在の大量絶滅は、惑星あるいは銀河物理学的プロセスで…

続きを読む

【環境】『あなたに出来る気候変動に対する9つの取り組み』Forbes 2017/1/23

<概要> 我々は無力感さを感じている間に、目標をさらに推し進めることができる個人的な行動を見落としていないだろうか? これらは、効果のあるシンプルな行動のリストである: 1. ベジタリアンになること。ビーガンならば尚良い。畜産業からの温室効果ガス排出量は通常全体の14.5%から18%あたりとされているが、Worldwatch Instituteはこれらの計算…

続きを読む

【環境】『地球温暖化?は!そういえば寒冷化はどうなったの?』Scientific American 2016/12/13

この神話は幾度も反証されてきたが、これほど愉快なやり方は稀だ。 1970年代、気候学者はみな、寒冷化について心配していたはずだ、という主張をしばしば耳にしたことがあるだろう。今では地球温暖化について語っている。そんな彼らのいう事に、どうして耳を傾けるべきだというのだろう? ClimateAdamは、2つの理由があると説明する。まず、70年代にもすべての学者が寒冷化を危惧してい…

続きを読む

【環境】『地球環境を救いたいなら、オーガニックフードを買うのはやめるべき』New Scientist 2016/11/30

By Michael Le Page 地域のスーパーマーケットを見て歩いても、あなたの食べる物の環境への影響の手がかりを見つけるのは難しいだろう。運が良ければ、海産物の中には、持続可能な方法で漁獲されたことを証明する海洋管理協議会のマークが付いているかもしないが、それくらいのものである。 しかし、農業は2番目に大きい世界の温室効果ガス排出の原因であり、暖房と電力よりわずかに少…

続きを読む

【環境・生物】『未だに気候変動や進化論に否定的な人がいるのはなぜか』BUZZWORTHY 

Why Some People Are Still In Denial Over Climate Change & Evolution by Tod Perry 作家Jonathan Swiftはかつてこう述べている「聞く耳を持たないものを説得することは出来ない」。それから300年、人間はそれほど変わっていない。スマートフォンからどんな話題にでもアクセスできるようになった2016…

続きを読む

【環境】『子供を持たないという選択は、他のどんな取り組みより環境によい―今や彼らを賞賛すべき時だ』The Independent 2016/8/8

<概要> 我々の依存する資源は減少する一方で、世界人口は急速に増加を続けている。各個人のフットプリントを、消費する食物や水、利用する電気やガス、そして排出物を換算して考慮すると、天然資源や環境を守りながら生活基準を改善するという試みの困難さは衝撃的なものとなる。人口サイズは持続可能性の根源的な問題の一つであるが、それは子供を産むかどうかという選択ついても同様である。 …

続きを読む

【環境】『誰もが肉食をやめたら起こる5つのこと』インディペンデント 2016/2/1

世界肉食廃止週間の終わりを迎えるが、西欧の人々たちは、相変わらず世界の運命を変えることが出来るこのシンプルな変化を起こそうとしていない。 今日は世界肉食廃止週間の最後であるが、もし先進国の人々がみな、ビーフバーガーの代わりにビートバーガーを選ぶようになったらどうなるか考えてみるいいタイミングだろう。(ヒント:牛が世界を征服したりはしない) 世界から飢餓がなくなる …

続きを読む

人気記事