【生物】『ネッシーの正体に迫る研究結果が発表される。その正体は…』

loch-ness-189076_1280.jpg

イギリス・スコットランド北部のネス湖で多数の目撃情報が報告されてきた通称「ネッシー」の正体を明らかにするための研究結果が公表された。

遺伝学者Neil Gemmell率いる国際チームは、湖の水に含まれる環境DNAを採取することで、湖に生息する生物を特定することを試みた。

その結果、ネス湖のモンスターの正体として有力な候補は、恐竜の生き残りでも、巨大な新生物でもなく、ウナギであるという結論が出された。

研究チームは250のサンプルの中から大量のウナギのDNAを確認し、多数のウナギが生息している可能性もあるが、巨大なウナギが生息している可能性もあるという。

いずれにしても、巨大な爬虫類のDNAは検出されず、古くから語られてきた巨大な恐竜のような生物が存在する証拠は一切得られなかったという。

参考:
https://www.independent.co.uk/news/science/loch-ness-monster-solved-photos-sightings-scotland-eel-dna-a9092716.html
https://metro.co.uk/2019/09/05/scientists-set-to-reveal-plausible-theory-about-loch-ness-monster-10689858/
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7430345/Loch-Ness-mystery-finally-solved-today-ahead-scientists-revelation.html


オカルト番組はなぜ消えたのか 超能力からスピリチュアルまでのメディア分析




この記事へのコメント

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

人気記事