【物理・Tech】『世界最小のMRI装置は、今や原子一つ一つをスキャンできる』futurism 2019/7/2

Atom-Scan-1200x630.png

WORLD’S SMALLEST MRI MACHINE MEANS WE CAN NOW SCAN INDIVIDUAL ATOMS
JULY 2ND 19__KRISTIN HOUSER__FILED UNDER: HARD SCIENCE
https://futurism.com/the-byte/worlds-smallest-mri-scans-individual-atoms

原子のMRI


磁気共鳴画像(MRI)装置は、人の内臓や組織の詳細な画像を作成するのに非常に長けている。

その装置は、磁石と電波を使い、一時的に人体内の何十億という陽子の回転の仕方を変える。そして、陽子が通常の状態に戻ったときに放出されるエネルギーを測定して画像化する。

今や、研究者は個々の原子を画像化できるほど縮小化されたMRI装置を生み出した。― そしてその装置は、量子コンピューティングの時代の到来を告げるのに寄与するかもしれない。

ハニー、MRIを小さくしたよ


月曜日にNature Physics誌に掲載された研究において、米国と韓国の研究者は、磁化された鉄の原子を原子を画像化して調べる装置である、走査型トンネル顕微鏡の先端に置いた。

そして、彼らは、顕微鏡の先端を酸化マグネシウムの表面に置いた鉄とチタンの原子の上を動かした。これは、原子を、それが持つ電子を阻害する磁場にさらすことになる。そしてチームは電波パルスで原子を叩き、システムは電子がその後に放出するエネルギーを画像化した。

これまでにない見方


研究者らは、この新しいナノスケールイメージング技術が,、新しい材料や医薬品の開発、そしてより良い量子計算システムの創出につながる可能性があると信じている。

研究者のChristopher Lutz「これまで見たことのないものを見ることができるようになりました」と、ニューヨークのタイムズに語った。 「よって、我々の想像力は、このテクノロジーで試すことができる多くの新たなアイデアへの道を許されたのです」。

だれが原子をみたか (岩波現代文庫)


この記事へのコメント

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

人気記事