【物理】『クォークモデルの提唱者マレー・ゲルマン死去』

052419_to_gell-mann_feat.jpg

理論物理学者マレー・ゲルマン(Murray Gell-Mann)が24日に亡くなった。89歳だった。

1960年代までは、陽子と中性子などハドロンと呼ばれる種類の粒子は素粒子(それ以上分解できない粒子)と考えられてきたが、新たなハドロンの発見が相次いだことなどにより、より詳細な構造が示唆されるようになった。ゲルマンは理論的にクォークの存在を提唱した一人であり、1969年、「素粒子の分類と相互作用に関する発見と研究」でノーベル物理学賞を受賞している。

他にも、SU(3)対称性や、ストレンジネスという素粒子の性質を発見するなど、素粒子物理において重要な功績を大きく残している。

Newtonライト『素粒子のきほん』 (ニュートンムック)


この記事へのコメント

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

人気記事