【認知】『トランスジェンダーの脳は、早期の段階から、本人が望む性別の脳により近い』ScienceDaily 2018/5/4

trans-sexuality-3554250_1920.jpg

<概要>

青年期のトランスジェンダーの人物の脳の活動パターンは、本人が望む性別の典型的な脳の活動パターンに近いという研究結果が得られた。

トランスジェンダリズムの早期の診断とよりよい理解は、若いトランスジェンダーの人々の生のクオリティを改善し、家族により理解ある決定を行わせることができる。

この結果は、脳機能の性差は早い段階で生じること、および、脳スキャンによって、早期に若者のトランスジェンダリズムを特定できるようになる可能性を示唆している。

研究を行ったベルギーのリエージュ大学のJulie Bakker博士は、思春期の脳の発達とトランスジェンダーの差異にもたらすホルモンの役割を調べようとしている。彼女は「これらの若者を精神科医に送ったり、自発的に悩みが消え去るのを期待するのではなく、サポートするより良い態勢を整えることができるようになるでしょう」と語っている。

https://www.sciencedaily.com/releases/2018/05/180524112351.htm



この記事へのコメント

人気記事