【生理】『塩は長期的には喉の渇きに繋がらない可能性』IFLScience 2017/4/18

large-1492531506-cover-image.jpg

<概要>

長期的に見れば、塩辛いものを摂ることは、必ずしも喉の渇きに繋がらない可能性が見出された。

この研究は、地上で行われた火星への模擬飛行に参加した10名の男性を対象に行われた。

長期間の宇宙ミッションでは、宇宙飛行士の食事が厳しく管理されなければならないため、塩が人体に及ぼす影響を知ることは重要となる。

これまで塩の消費量は人がより多くの水分を摂るようになるため、尿の生産量の増加と関連していると考えられていた。しかし、この研究では、水分摂取によって尿が増加するのではなく、塩が、腎臓の水分を節約するメカニズムを引き起こしていることを示唆している。そして長期的には、それは水を取る量を少なくさせるかもしれない。

http://www.iflscience.com/health-and-medicine/salt-might-not-make-you-thirsty-in-the-long-term/

月の土地が贈れる「MOON GIFT CARD」

この記事へのコメント

人気記事