【環境・健康】『気候変動により、海に新たな水銀の脅威が』BBC 2017/1/28

_93839064_gettyimages-72198893.jpg


スウェーデンの研究者らによると、気温上昇は、魚の水銀濃度を最大で現在の7倍に上昇させる可能性があるという。彼らは、温暖化が海の生物の毒素レベルを上昇させる新たな方法を発見した。実験により、降雨量の増加は、海に流れ込む有機物の量を増やすことを発見したのだ。これは食物連鎖に変更を加え、複雑な生物の新たな層を追加し、水銀の濃度を高める。この研究はScience Advances誌に掲載されている。

有毒な形

水銀は世界で最も有毒な金属の1つであり、世界保健機関(WHO)によれば、公衆衛生における驚異のトップ10の1つとなっている。高レベルの摂取は、子供の神経系の損傷、麻痺、精神障害に関連する。

_93839062_gettyimages-450394101.jpg

水銀への曝露の最も一般的な形は、水や土壌や植物中などで細菌が水銀と反応するときに生成する、水銀の有機的形態であるメチル水銀を含む魚を食べることである。世界の生態系における水銀のレベルは、石炭などの化石燃料の使用により促進され、産業革命以降、200〜500%増加していると専門家は言う。

近年、2013年以来136カ国が署名した水俣条約と呼ばれる国際条約により、水銀の環境への流入量を制限する努力がなされている。

_93844311_jonsson1hr.jpg

しかし、この新しい研究は、気候変動により、これまで認識されていなかったレベルでメチル水銀のレベルが上昇する可能性があることを示唆している。大規模な実験室で、スウェーデンの研究者はBothnian海河口の条件を再現した。彼らは、気温が上昇するにつれて、有機物が世界の海洋や湖に流入することを発見した。これは、植物プランクトンを犠牲にし、細菌が増殖することを促す。「細菌が水中で増殖すると、細菌を餌にする新しいタイプの捕食者が繁殖してきます」とスウェーデンにあるウメオ大学のErik Bjorn博士はBBC Newsに語った。

「基本的に食物連鎖にステップを一つ加えるごとに、各段階でメチル水銀の量は約10倍に増加します。気候変動に関する政府間パネルによって提案された、最も暖かい気候のシナリオ下では、今世紀末までに有機物の流入量は15-20%増加するでしょう。これは、食物連鎖の底部にある動物プランクトンのメチル水銀のレベルが2〜7倍に増加することになります」。

_93844367_jonsson3hr.jpg

世界の地域毎に、異なる影響で被害を受けるだろうと研究者たちは述べる。北半球の湖や沿岸水域では、魚のメチル水銀レベルが最も高くなる可能性が高く、地中海、米国中部および南アフリカでは減少が見込まれる。

研究者たちは、水俣条約の効果が発揮され、各国が水銀の生産量を減らすことを望んでいる。さもなければ、このこれまでに知られていないなかった要因は、人類の健康に影響を及ぼす可能性がある。「水銀の排出量を減らしたら、生態系がどのくらい早く回復するかを知る必要があります」とBjorn博士は語った。「何もせずに水銀が減少しなければ、これは最重要問題となり、その影響は厳しいものになるでしょう」。現場の他の研究者は、この新しい研究で、これまでほとんど知られていなかった重要な問題が浮き彫りにされたと語っている。

スロベニアのJozef Stefan研究所のMilena Horvatは、「この研究は、気候変動が沿岸水域におけるメチル水銀の量と、そこに住む魚に蓄積される濃度に大きな影響を及ぼすことを実験的に証明しています」と述べる「この研究はまた、排出源(主に工業用)からの世界的な水銀削減に応じて、魚に含まれる水銀量に関する将来のシナリオシミュレーションに重要な影響を与えます」

http://www.bbc.com/news/science-environment-38769697

You may like:

【健康】『魚が健康的な食品ではないという主な理由』Goji Man Nutrition 2015/11/16

【環境・健康】『あなたの食べる魚介類には小さなプラスティック粒子が含まれている可能性「ゴミ箱から食卓へ」が新たなトレンドか』Popular Science 2015/9/25



この記事へのコメント

人気記事