【認知・医療】『チーズはハードドラッグと同じ脳部位を刺激する 研究結果』indy100 from The Independent 2016/12/15

cheese-0.jpg

Cheese triggers same part of brain as hard drugs, study finds
Jessica Brown
Wednesday 14 December 2016
https://www.indy100.com/article/cheese-same-effects-drugs-7474231

<概要>

チーズには、中毒性のハードドラッグにも含まれる化学物質(※) が含まれていることを、ミシガン大学の科学者が発見した。チーズには、すべての乳製品に含まれるカゼインが含まれ、中毒に関連する脳のオピオイド受容体を活性化させる。

研究は
現在の研究は、すべての食品が中毒的な摂食行動に同等に関与しているわけではなく、乱用薬物との特性を共有する可能性のある高度に加工された食品が、 「食物依存症」に特に関連していると考えられるという予備的な証拠を提供する

と述べている。

※訳注)カソモルフィンと呼ばれるモルヒネ同様の成分。これが、牛乳から作られるチーズでは、少なくとも人間の乳より10倍も多く含まれている。



この記事へのコメント

人気記事