【その他】『トランプの勝利に対するリチャード・ドーキンスをはじめとする著名な科学者たちの反応』Scientific American 2016/11/10

ECD9D9F2-2ADA-4629-BB8CD77A83359527.png

Richard Dawkins and Other Prominent Scientists React to Trump’s Win
By Andrea Gawrylewski on November 10, 2016
https://www.scientificamerican.com/article/richard-dawkins-and-other-prominent-scientists-react-to-trump-rsquo-s-win/

<概要,一部抜粋>

トランプの科学観は良くて未形成、最悪の場合無知で破滅的である。科学や医療における最良の頭脳の持ち主たちがどのように考えているか確かめるため、Scientific Americanは顧問アドバイザーたちに選挙結果に対する反応を伺った。

****


親愛なるニュージーランドへ。

世界最大の英語国の2つが、有権者の破滅に苦しんでいます。どちらの場合も、有権者の内の無教養で反知性的なものたちのためです。 両国の科学界は非常に厳しい打撃を受けるでしょう:一つ目のケースは、外国人恐怖症により、ヨーロッパのパートナーと念入りに築き上げた関係を断絶してしまった。 もう一方は、大統領として相応しくない、ナルシスティックで女性差別的で、下品な人物が選挙で勝利してしまった。どちらの場合も、災害は一時的なものでは済まないでしょう。:米国では最高裁判所のノンリタイアメントルールのため、英国ではBrexitは元に戻せないためです。

米国にも英国にも有能で創造的な最高の科学者たちがいて、彼らは母国の無知による偏見から脱出することを切望しています。 親愛なるニュージーランド、あなたは美しい、広々とした島々に少ない人口を抱える、深く文明化した小さな国です。 あなたは気候変動や地球の未来をはじめとする科学的に重要な問題に気を配ってくれます。

英米のノーベル賞受賞、フィールズメダリスト、京都賞およびクルトフォード賞受賞者、国際宇宙賞受賞者、王立協会のフェロー、国立科学アカデミーのエリート科学者、 英国アカデミー(British Academy)や米国の同様の機関の会員全員に手紙を書き、市民権を付与してはいかがでしょうか。創造的知識人が国家の繁栄と文化的生活に与える貢献ははかり知ることができません。 ニュージーランドを現代世界のアテネにすることができるでしょう。

そうです。親愛なるニュージーランド、私はそれが非現実的で浮世離れした空想であることを知っています。 しかし、米国選挙の翌日、そしてBrexitの年には、超現実とおぞましい現実との境界は、空想が唯一の逃げ場であるような、バッドトリップの中に溶け込んでいるようです。

敬具

リチャード・ドーキンス Richard Dawkins Foundationの創始者および会長。

****


トランプを大統領として選んだあの大統領選挙は、多くの人を驚かせた。 私は、科学や基礎研究について彼やその同僚の意見を聞いたことがないので、希望をいう事しかできないが、彼が基礎研究への投資の長期的価値を認識し、それを支援するアメリカ国立科学財団をはじめとする米国政府の機関を支援することを願っている。

―ヴィントン・サーフ、チーフインターネットエバンジェリスト, Google

****


多くの人と同様に、私も選挙の結果には驚かされた。これは米国人の意志であり、権力の極性を考えると、多くの重大かつ長期的な変化が予測される。今日の世界の現実と、米国に預けられた小切手と残高を考慮することで、これらの変化がどのように展開するかはっきり決まると考えている。

多くの人は、政府の中だけで成しえることと、成しえないことを知ると驚くだろうと思う。私個人は貧困の中で生まれ、私が成し遂げたことはすべて私自身の力で行ってきた。専門的な成功と報酬を最大限に生かす最良の方法は懸命に努力することであり、社会を最大限にすることは慈善を行うことだ。平等を最大限にすることは倫理的であることであり、平和を最大限にすることは平和的なことである。私は身近な人の福祉のために、より個人的な責任を負う努力をしていく。また、私たちが何者であるのか、また何者になるのかということは、人類を前進させるために適用される科学的発見に大きく支配されているため、私は最高の科学者であるよう努力しつづける。

―ハロルド“スキップ”ガーナー、 director, Medical Informatics and Systems Division and professor, Virginia Bioinformatics Institute, Virginia Tech

****


気候変動と環境、核兵器条約、国際関係、女性の権利、健康と福祉、そしてより一般的には、実証的現実に基づく公的政策を扱う基本的な研究はすべて打撃を受けている。

次期大統領は、公共政策にとって適切な科学分析の結果に向けた無関心や軽蔑を表明しており、次期副大統領は科学のあからさまな敵であってきた。これがどのように展開するかはまだ分からないが、共和党の議会がこれについて十分な制御を行うとは考えにくい。

―ローレンス・クラウス アリゾナ州大学 Origins Projectディレクター

****


予想される投票者数よりも少ない票数(2012年の選挙よりも約700万人の民主党員および200万人の共和党員の票が減っている)が結果の原因である可能性が高い。 予期しない成果は科学的な生活の一部であり、私たちはそれらの事柄から学ぶ専門家である。

―マイケル・ガザニガ、 director, Sage Center for the Study of the Mind, University of California, Santa Barbara

****


非常に、非常に驚いた。

―ロバート・ランガー、David H. Koch Institute professor, Department of Chemical Engineering, Massachusetts Institute of Technology

****


何をいえばいいのだろう?権力の分離がないという事は特に恐ろしいことだ。そして(数字が正しければ)トランプに投票した女性(そして男性)の割合もショッキングである。そしてもちろん、科学、気候変動、挙げれば挙げるだけ不安は募る。

―リサ・ランドール ハーバード大学 物理学教授

****


科学の進歩は党派の境界を超え、人間の健康にとって基本的なものであり、米国の技術進歩と経済の基盤でもある。願わくば、いかなる新たな政権下でも継続されなければならない。 世界各国でナショナリズムが高まってはいるが、科学の国際的な開放性、協力関係、そしてその利益が、すべてのものの利益のために維持されることは重要であると私は考えている。

―マイケル・スナイダー, professor of genetics, Stanford University School of Medicine

****


主な質問は、トランプおよびペンスが 1)経済的エンジンと米国の競争力の核としての科学研究を支援するかどうかということ 2)科学的成果を政策立案に用いるかどうかということ。キャンペーン用のレトリックは、回答はともに「NO」であることを示唆しているが、経済的利益を促進するというキャンペーン公約を守るつもりあるなら、彼らはそうすべきだろう。

―マイケル・E・ウェッバー, co-director, Clean Energy Incubator, and associate professor, Department of Mechanical Engineering, University of Texas at Austin

****


その他の科学者たちの発言は元記事から


この記事へのコメント

人気記事