【動物】『チンパンジーに自由の権利が与えられる。アルゼンチンの判決』The Independent 2016/11/7

裁判官Mauricioは「人の心は、その人の動物の扱いで判断できる」と哲学者Emmanuel Kantの言葉を引用した。

cecilia-monkey.jpg

アルゼンチンの裁判官は、隔離された檻に何年も閉じ込められているチンパンジーに法的権利を与え、動物園から解放すべきであるとの判決を下した。

チンパンジーCeciliaの訴訟は、The Association of Professional Lawyers for Animal Rights (AFADA) により、彼女を仲間から隔絶し幽閉することは「非合法」であり、彼女の健康にも悪影響であるとして起こされた。

裁判官María Alejandra MauricioはCeciliaは、今年の7月亡くなった「世界一惨めなホッキョクグマ」により悪名高いMendoza動物園から解放されるべきとし、ブラジルにあるGreat Ape Projectのサンクチュアリに移送するよう命じた。

彼女は「我々は民法に安置された市民権について語っているわけではありません。我々が語っているのは種の持つ発育と自然な生息場所で生活する権利についてです」と新聞Los Andesで語っている。

彼女は判決で、その後の手続きはなく、Ceciliaの保護をAFADAに引き継ぐと述べた。

また彼女は最終弁論で、「人の心は、その人の動物の扱いで判断できる」と哲学者Emmanuel Kantの言葉を引用している。

AFADAのディレクターPedro Terrados Pozasは声明で「この裁判は世界の司法の歴史で初めて、ブラジルにある我々のサンクチュアリに動物を直接移送することを要求する人身保護令状を裁判官が受理し、類人猿の権利に関する我々の努力に同意したケースであり、ランドマークとなる判決である」と述べている。

「彼らは人間ではないため、彼らを守る法律が必要であり、基本的な権利が必要なのである」

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/argentina-judge-says-chimpanzee-poor-conditions-has-rights-and-should-be-freed-from-zoo-a7402606.html

You may like:

【動物】『動物園は人間のために作られたもの。動物に必要なのはサンクチュアリ』The Washington Post 2016/7/8

【動物】『アルゼンチン、オランウータンにヒト同様の権利を付与』Scientific American 2015/1/9





この記事へのコメント

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

人気記事