【環境】『子供を持たないという選択は、他のどんな取り組みより環境によい―今や彼らを賞賛すべき時だ』The Independent 2016/8/8

kim-cattrall.jpg

<概要>

我々の依存する資源は減少する一方で、世界人口は急速に増加を続けている。各個人のフットプリントを、消費する食物や水、利用する電気やガス、そして排出物を換算して考慮すると、天然資源や環境を守りながら生活基準を改善するという試みの困難さは衝撃的なものとなる。人口サイズは持続可能性の根源的な問題の一つであるが、それは子供を産むかどうかという選択ついても同様である。

タブーである一方で、チャイルドフリーであることは祝福され尊重されるべきものである。チャイルドフリーはどんな運動よりも環境に良いからだ。英国において、電力の消費量は頭当たり5,407kWhである。子供を産んでしまったら、電気のスイッチをオフにすることを忘れないだけでは、環境フットプリントを埋め合わせることはほぼ不可能になる。資源が有限であるという事は、我々の消費についてのことや、どんな生活基準が需要可能で、どのようにエコシステムを維持することができ、それにはどれだけの人口が許されるのかについて、今考える必要があるということを意味している。

【環境】「子を産むことは環境にとって恐ろしく悪影響であるため、私は子を持たない」ワシントンポスト 2015/7/14

現在女性が子供を持たない割合は、子供3人を持つ割合と同じくらいだ。社会規範のシフトに伴い、長いキャリアを積むにあたってチャイルドフリーなライフスタイルはますます魅力的なものとなっている。それに加え、生活費の上昇を考えれば、子供を持たないことの利益は明らかだろう。子供一人育てるのに250,000ポンドかかるというのは、特に裕福な家庭であっても大変なことだ。

もちろん、家族を持つということは多くの者にとって人生の中心的な事柄だろう。子供が欲しくても出来ない人たちは同情やサポートを必要とする。しかし、社会は子供を敢えて作ろうとしない者たちも、持続可能な将来にとって価値ある貢献をしているということを認めなければならない。

我々の数は過去50年で倍増し、地球を時限爆弾に変えてしまった。気候変動はその壊滅的な兆候の一つである。人口増加は、その緩和と適応の努力を阻害しながら、裕福な炭素排出者と、貧しい気候変動の被害者を増やしている。

環境問題に関する懸念以上に、政治的不安定性、市民の衝突、集団移民などは不可避な帰結だ。若い人口と高い出生率と寿命の増加が意味することは、アフリカの人口だけでも今世紀中に10億から40億に跳ね上がるということが予期されるという事だ。世界全体の対応が必要ではあるが、公平なシェアより多くを消費している英国などの工業国こそが、手本とならなければならない。

チャイルドフリータブーの安定した衰退と共に、今こそ人口増加と持続可能性を巡る議論を再開し、若者たちに配慮ある消費と、家族計画の改善の提唱、性教育、そして女性の権利に関する教育を行うべきときなのだ。

【その他】『諸問題の根源である人口過剰の話題はなぜタブーなのか』Church and State 2014/7/30

女優でモデルのキャメロン・ディアスの言葉で締めくくりたいと思う。「女性たちは、敬遠されてしまうという理由で、子供がほしくないということを嫌がっているんじゃないかしら。でも、今それが変わろうとしてると思う。私には子供がほしいというより、ほしくないという女友達の方が多いし、正直な話、もうこれ以上子供はいらないでしょ。この惑星には、もうたくさんの人がいるんだから」

http://www.independent.co.uk/voices/people-who-dont-have-children-benefit-our-environment-more-than-any-campaign-its-time-to-celebrate-a7178951.html

この記事へのコメント

人気記事