【その他】『フレディ・マーキュリーの声はなぜそんなに素晴らしいのか、科学的観点から検証』IFLScience 2016/4/22

GettyImages-76205456.jpg

どうして多くの人はフレディ・マーキュリーの歌を聴くとうっとり(ga ga)してしまうのだろうか?彼のセレナーデの何がそれほど耳を惹きつけるのだろうか?この伝説的シャンタールの驚くような歌声の裏には、何か科学的理由があるのか、それとも単なる魔法(a kind of magic)なのだろうか。ある研究チームは彼の独特な発声法を分析することにした。

耳触りのよくない名前の機関紙Logopedics Phoniatrics Vocologyで発表された彼らの研究によれば、声域の解析から、彼は瞬時にスムーズな声や荒い声へと切り替えることができたことがわかった。―それがインタビュー中のプレッシャーの下(under pressure)であってもである。

この効果はおそらく彼の稀にみるビブラートの技術から来るものであろう。これは、ほとんどの古典的な訓練を受けたボーカリストにとっては標準を超えたスキルだ。さらに、彼は声帯内の小さなひだを自由に動かすことができたかもしれない。



これらを振動させることで、彼は「サブハーモニック」という通常の人では出せない音を生み出すことができた。研究チームは、限界ギリギリに達し「乱雑に達する手前である」が、素晴らしく絶妙に響くサウンドシステムと対比した。「これらの素早く不規則なビブラートのコンビネーションによるこの特色が、フレディ・マーキュリーのエキセントリックで派手やかなステージでの人格を作り出す要因となったかもしれません」

マーキュリーの4オクターブの声域というのは伝説となっているが、この入念な研究ではそれに関する証拠は一切見出せなかった。しかし、研究者たちは世界中の意見に強く同意している。彼は驚くべき声を持っていたということだ。そして科学は実際にそれがどれほど特異なものであったか示している。

http://www.iflscience.com/health-and-medicine/heres-why-freddie-mercurys-voice-was-so-awesome-according-science




ジュエルズ




この記事へのコメント

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス・オンライン講座

人気記事