【人類学・考古学】『人の生贄は、現代社会の進化に役割を果たしたかもしれない』IFLScience 2016/4/5

TOP RITUAL.png

<概要>

複雑な現代社会の進化において、宗教的儀式が果たした暗い役割を研究者たちは明かした。Natureでの新たな研究によれば、人間の儀式的生贄は、社会的ヒエラルキーの構築と持続を助けてきたという。

考古学的証拠は、人身御供―研究者たちは、超自然的存在者を喜ばせたりなだめたりするための、故意の儀式的殺害と定義している―は、アフリカ、アメリカ、アラブ、オーストロネシア、中国、ゲルマン、イヌイット、トルコ、および日本の文化で行われていたことを示唆している。「社会的規制仮説(social control hypothesis)」と呼ばれるものによれば、人身御供は階級に基づく権力の区別を、命を奪うことの超自然的正当化―究極的権力―を与えることで合法化してきた。そのケースでは、社会階級化は指導権の最古の形態であり、王国や君主政治、そして政府へと導いたのかもしれない。

http://www.iflscience.com/plants-and-animals/human-sacrifice-may-have-played-role-evolution-modern-societies


この記事へのコメント

人気記事