【生理】『塩は長期的には喉の渇きに繋がらない可能性』IFLScience 2017/4/18

<概要> 長期的に見れば、塩辛いものを摂ることは、必ずしも喉の渇きに繋がらない可能性が見出された。 この研究は、地上で行われた火星への模擬飛行に参加した10名の男性を対象に行われた。 長期間の宇宙ミッションでは、宇宙飛行士の食事が厳しく管理されなければならないため、塩が人体に及ぼす影響を知ることは重要となる。 これまで塩の消費量は人がより多くの水分を摂…

続きを読む

【医療】『マウスは毛むくじゃらの小さなヒトではない:ずさんな科学はヒトをも損なう』Psychology Today - マーク・ベコフ 2017/4/12

Mice Aren't Furry Little People: Sloppy Science Fails Humans by Marc Bekoff ずさんな科学は重大な殺人犯にもなりうる。 有力な研究者を含む多くの人々が、ヒトの病気について学び、その治療法を開発するために、ヒトでない動物(動物)モデルを用いることに、非常に批判的である。もちろんこれはヒト以外の動物を用…

続きを読む

【物理】『物理学者「負の質量」を持った流体を作り出したと主張』ScienceAlert 2017/4/12

<概要> 米国の研究者から、負の質量をもった流体が作られたと発表された。 これが意味するのは、他の物体と異なり、この流体を押すと、前に動くのではなく、後ろに加速するということだ。 これによって、ブラックホールや中性子星内で起こるいくつかの奇妙な現象に、説明が与えられるかもしれない。 これまでの理論的研究では、一般相対性理論を破ることなく、負の質量が宇宙…

続きを読む

【環境】『気候変動は事実だが好ましい,プーチンが発言』IFLScience 2017/4/5

<概要> 誰かが愚かなことを言ったらどうすべきか。先日ブライアン・コックスが提案したように、それが誤りであると指摘してあげることが一番だ。―たとえそれが、ロシアの大統領であっても。 前の火曜日、プーチンは気候変動に関して極めて馬鹿げた発言をした。 彼は「私が述べることは、一般的でないかもしれないが」とCNBCとのインタビューの中で切り出した。 「気候変…

続きを読む

【物理】『奇妙な光の粒子が、量子論に関する我々の理解に挑む』ScienceAlert 2017/4/1

光子が量子スケールでどのようにエンタングルを経験するかを調べていた科学者たちは、Einsteinが「奇妙な遠隔作用」と呼んだものの、最初の瞬間に関して長い間抱かれてきた仮定に挑戦する、全く予期しないものを発見した。 チームが光子のエンタングルしたペアを生成したとき、それらは予期されていたように同一の位置から生成され分離するわけではなく、空間の全く異なる点から出現した。これは、量子論…

続きを読む

人気記事