【物理】『影響力のある物理学の論文の共著者となった猫』Science 2016/8/31

1975年、Jack HetheringtonとF.D.C. WillardはPhysical Review Lettersで論文を発表した。この論文は、原子の振る舞いに関する影響力を持つ視点となっており、複数回引用されているが、その論文の著者の内、人間は1人だけである。―F.D.C Willardは猫なのだと、Atlas Obscuraが記している。彼の飼い主であるHetheringt…

続きを読む

【物理】『Chirpingを起こさずにトカマク内に超高温プラズマを閉じ込める方法』ScienceDaily 2016/8/19

‹概要› 「Chirp, chirp, chirp(チュー、チュー、チュー)」という鳥の鳴き声としてなじみあるこの音は、研究者たちがあるプラズマ中の波を呼ぶときの呼び名でもある。これにより、高エネルギー粒子の形で存在する熱が、トカマク内のプラズマの中心から漏れ出してしまう。トカマクとは、核融合反応を行うドーナツ型の装置のことである。 この現象により、非常に多くの高速のイオンが…

続きを読む

【動物】『母イルカはお腹の子に呼びかける』IFLScience 2016/8/10

<概要> 新たな研究により、イルカはお腹の中の子供に呼びかけることがわかった。イルカは我々が名前で呼び合あうのと同じように、「シグネチャー・ホイッスル」という鳴音で互いを識別している。これまで母イルカが、生まれる数か月前から産後数週間の子イルカをシグネチャー・ホイッスルで呼ぶことが観察されていた。 今回の研究では、この比率と、出産後で変化があるかを調べた。 …

続きを読む

【環境】『子供を持たないという選択は、他のどんな取り組みより環境によい―今や彼らを賞賛すべき時だ』The Independent 2016/8/8

<概要> 我々の依存する資源は減少する一方で、世界人口は急速に増加を続けている。各個人のフットプリントを、消費する食物や水、利用する電気やガス、そして排出物を換算して考慮すると、天然資源や環境を守りながら生活基準を改善するという試みの困難さは衝撃的なものとなる。人口サイズは持続可能性の根源的な問題の一つであるが、それは子供を産むかどうかという選択ついても同様である。 …

続きを読む

人気記事