【生態・動物】『日本、クジラ333頭を殺害』Discovery 2016/3/24

<概要> 農林水産省は木曜日、「科学研究」のための目標数の殺害が完了したと発表した。 年次の捕鯨は科学と偽った商業事業であるという国連の国際司法裁判の判決を受けての1年間の中断の後、2015/16年のシーズンが開始された。 【生態】『日本、国際司法裁判所の判決を無視し南極での捕鯨再開へ』BBC 2015/11/28 日本も加入している国際捕鯨委員会の下…

続きを読む

【環境・健康】『菜食がどのように世界を救うのか』TIME 2016/3/21

さらに数兆ドルの節約も ベジタリアン食やビーガン食の伝道師たちは、転身を説得するために、肉食量の削減が健康を改善するという増え続けている証拠を素早く示すことが出来る。同じように、気候変動活動家たちは、動物製品の環境に及ぼす負荷について言及する。 【環境】『Cowspiracy~環境保護団体があなたに知られたくない事実』 いま、機関紙PNAS(米国科学アカデミー紀要)で発…

続きを読む

【物理・天文】『ダークマターはヒトの細胞ほどの超重粒子によって構成されている可能性』ScienceAlert 2016/3/21

<概要> 新たな粒子が発見されたり予測されたりする場合、想像するのも難しいほど小さなものである場合が常であるが、ダークマターについてはそうではないかもしれない。なぜなら、研究者たちはそれは人間の細胞の三分の一ほどの大きさがあり、小さなブラックホールを生み出すのに十分な密度にせまる密度を持っていることを示唆する証拠を発見したと主張しているのだ。 University…

続きを読む

【物理】『Science Explained:永久機関の物理』Futurism 2016/3/16

Science Explained: The Physics of Perpetual Motion Machines Jolene Creighton 永久運動とは何か 永久機関とは(その名の通り)永久に運動し続ける機械のことである。仮にあなたがそれを作り出せば、ビッグフリーズの時まで動き続ける。「長い間」という表現では控えめすぎる。 ビックフリーズとは、理論上の終…

続きを読む

【生物】『新たに発見された化石により、Tレックスがどのように白亜紀の王者になったのか明かされる』ScienceDaily 2016/3/14

<概要> Proceedings of the National Academy of Sciencesで発表された新たな研究によれば、馬ほどの大きさの恐竜の化石により、ティラノサウルスやその近縁種が、どのように頂点捕食者になったのか明かされる。 これまで、7千から8千万年前の世界の支配者であったティラノサウルスが、どのように巨大で知的な捕食者になったのかというこ…

続きを読む

【教育・認知】『子供たちに哲学を教えると読書力や数学の能力が向上する可能性』ScienceAlert 2016/3/11

哲学は、大学に入る年齢になるまでなかなか受講する機会のない科目であるが、最近のある研究は、哲学を学習することは若い子供たちにも利益があることを示唆している。 昨年UKで発表された研究では、英国の48の小学校からの3000人以上の学生に、毎週、哲学的概念に関する議論を主題とした一連の授業に参加してもらった。研究を行ったのは、親の収入による子供の学力の格差を埋めることを目的としている独…

続きを読む

【Tech】『福島に送られらロボット「死亡」する』ScienceAlert 2016/3/11

<概要> 2011年メルトダウンを起こした福島第一原発に送られた遠隔操作式のロボットが、非常に高い量の放射線漏れにより、配線が破壊され「死亡」した。 このロボットは今は故障している冷却プールの水中トンネルを通り、非常に危険な燃料棒の残骸の除去作業をするよう設計されていた。だがそれがすぐに実現することはなさそうだ。 故障する前のロボットの姿 http…

続きを読む

人気記事