【心理】『女性はお金を愛と、男性は自由と関連付ける傾向に』Science 2015/8/28

Women associate money with love, men link it to freedom 人はお金のこととなると、全く理性的でなくなるものだ。 男性も女性も共に大金の狂気に屈するように見えるが、Social Indicators Research(社会指標調査)の9月号に発表された研究によると、お金は性別によって異なる誘惑のしかたをするようだ。 研…

続きを読む

【認知・生物】『科学的に安全とされながら、なぜ人々はGMOに反対するのか』Scientific American 2015/8/18

遺伝子組み換え作物(GMO)は、過去20年間に渡り、市民からの大きな反対にあってきている。多くの人は、GMOは健康に悪く―有毒でさえあり―、環境を破壊すると信じている。これは、GMOは食べても安全であり、農業をより持続可能にすることにより環境上の利点ももたらすと証明している圧倒的な科学的証拠にもかかわらずである。 【生物・健康】『遺伝子組換え食品に対する、迷信的反発は終わりにしない…

続きを読む

【健康】『低炭水化物食より、低脂肪食の方がダイエットに効果的である可能性』liveScience 2015/8/13

新たな研究によれば、低炭水化物食より、低脂肪食の方がダイエットに効果的である可能性がある。 研究者では、低脂肪食に6日間従った人々は、平均して81グラムの脂肪を落とした。対照的に、同じ人々が同じ期間低炭水化物食に従った場合の脂肪の減少は53グラムであった。 「多くの人が、体重の増減に関して強い意見を持っていますが、時にその信念の元となる生理学的データを欠いている場合があります…

続きを読む

【環境・生態】『肉食は生物種の絶命を速める,研究結果が警告』Science 2015/8/11

牛肉やその他赤肉を中心とする食習慣は健康に害を与える可能性があるばかりでなく、ある研究チームによれば、それは地球の生物多様性にとっても等しく悪影響となる。彼らはヒトの肉食習慣とその土地利用の影響が、世界の多くの動植物にとって唯一最大の脅威であることを見出した。すでに絶滅の主要な原因となっている肉食習慣は、家畜やその飼料のための土地利用が増加するに伴いさらに影響を強めていくと、Scienc…

続きを読む

【生物・人類学】『炭水化物が特異な大きさを持つヒトの脳の進化の主要な役割を果たした可能性』ScienceDaily 2015/8/6

<概要> 私たちが、このような大きな脳をどのように進化させたかを理解することは、人間の進化の研究の中で最も難解な課題の一つである。新たな研究では、炭水化物の、特にデンプンとしての消費が、過去二百万年の人間の脳の加速的巨大化のために重要であったと主張している。肉を食べることが、より大きな脳への進化のきっかけとなったかもしれないが、唾液アミラーゼ遺伝子の増加と、調理されたで…

続きを読む

【化学・健康】『すべてのものは化学物質だ』The Huffington Post - Plantbased Pixie 2015/8/3

THE BLOG Everything Is Chemicals Pixie Turner Foodie, science geek, world traveller, and bookworm 化学物質(chemical)とは何だろうか?辞書をさっと引いてみると「化学プロセスによって生成されるか、あるいは化学プロセスに利用される、独立した分子組成を持つ物質」と書いてる。では、化…

続きを読む

【Tech】『大気中のエネルギーを取り込み、電気に変える装置』ScienceAlert 2015/8/2

<概要> 英国のテクノロジー会社が、装着可能で、スマートなホームデバイスの方式を開発した。フリーボルト(Freevolt)と呼ばれるその装置は、周囲のラジオ波のエネルギーを収集し、接続可能な低電力デバイスのための少量の電気に変換する。 CNETが報じてる通り、このレベルのエネルギーではスマートフォンを動かすには足りないが、庭の門のセンサーを遠隔操作するには十分であ…

続きを読む

人気記事