【動物】『母イルカはお腹の子に呼びかける』IFLScience 2016/8/10

<概要> 新たな研究により、イルカはお腹の中の子供に呼びかけることがわかった。イルカは我々が名前で呼び合あうのと同じように、「シグネチャー・ホイッスル」という鳴音で互いを識別している。これまで母イルカが、生まれる数か月前から産後数週間の子イルカをシグネチャー・ホイッスルで呼ぶことが観察されていた。 今回の研究では、この比率と、出産後で変化があるかを調べた。 …

続きを読む

【動物】『動物園は人間のために作られたもの。動物に必要なのはサンクチュアリ』The Washington Post 2016/7/8

2014年、サンディエゴのSeaWorldのショーで飛び跳ねるシャチ。このテーマパークは、シャチの繁殖を終了することを宣言している(Mike Blake/Reuters) 米国の動物園や水族館は毎年何百万人もの入場者を集めており、この数が間もなく急落するとはだれも思っていない。しかし、米国での「ブラックフィッシュ」による水族館への不信や、最近のシンシナティのゴリラの射殺事件などは、これ…

続きを読む

【生物・環境】『107人のノーベル賞受賞者、GMOを巡るグリーンピースへの意見書にサイン』ScienceAlert 2016/6/30

「これが"人類への罪"であるとみなされるまでに、どれだけの貧しい人が命を落とさないといけないというのか?」 <概要> 100人を超える一線の科学者たちが、遺伝子組換え作物(GMO)の使用に積極的に反対する活動を行うグリーンピースなどの団体に対し公開文書を送り、GMOを巡る議論での明確な立場を表明した。 科学者たちは特に、ゴールデンライスへの反対に関してグリー…

続きを読む

【医療・認知】『マリファナの成分が、アルツハイマーの要因と考えられるタンパク質を除去』ScienceAlert 2016/6/30

<概要> マリファナの成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)が、脳内にある、アルツハイマー病の引き金になると考えられているアミロイドベータ蛋白の除去を促進するということが発見された。 この発見は、THCを含むカンナビノイドが、神経変性症患者への保護効果を持つことを発見した以前の研究結果を支持することになる。 THCは、その天然の鎮痛効果による心理的効…

続きを読む

【グッズ】『サイエンス雑貨―脳特集』

・脳みそ消しゴム Brain eraser 忘れたい間違いを消してくれるかもしれません 素材:ゴム サイズ:w4 × d5 × h2.5cm ・脳みそバンク 脳ミソ本体は貯金箱になっていて、お金を貯めるごとに脳が重くなっていくので賢くなってるような気がします。 サイズ 横13cm×縦16cm×高さ11cm ・脳みそピアス 右…

続きを読む

【動物】『140年続くブエノスアイレスの動物園「監禁は動物に対する屈辱行為」として閉鎖へ』The Guardian 2016/6/23

<概要> アルゼンチンのブエノスアイレスは140年続く動物園を、野生動物を檻の中に拘束し見世物にすることは屈辱行為であるとして、閉鎖する予定を発表した。 市長のHoracio Rodríguez Larretaによれば、動物園にいる2,500ほどの動物たちは、より適切な環境を提供できるアルゼンチンの自然保護区に段階的に移されるという。44エーカーあるこの動物園は、…

続きを読む

【物理】『ブラックホールは二次元のホログラムである可能性、新たな証拠が示唆』Futurism 2016/6/1

ブラックホール:ブラックでもなければホールでもない 我々の宇宙には、ダークマターやダークエネルギーなど、全く理解できていない事柄も多くある。量子物理の奇妙な世界において、宇宙を支配する(いくぶん不思議な)力に関する正しい性質を反映し、アイディアは絶えず推移し、変化している。 これが今、ブラックホールを巡る議論において起こっていることでもある。 高名な理論物理学者スティー…

続きを読む

【生物・化学】『CO2を取り込み、エネルギーを生成する遺伝子操作バクテリアを作成』 Futurism 2016/5/31

ハーバード大学のDaniel G. Nocera教授は、水素と二酸化炭素を吸収し、アルコール燃料に変換するようバクテリアを遺伝子操作することに成功していた。目標は、植物をしのぐほどの効率を達成することであった。そして今月、Nocera教授は太陽光を植物の10倍効率よく変換することが可能となったと発表した。 Nocera教授はシカゴにあるEnergy Policy Institu…

続きを読む

【物理】『新たな証拠により、量子力学の通常の見方が改められる可能性』2016/5/24

新たな証拠は、量子スケールでの粒子の振る舞いに関する我々の理解は非常に、非常に間違ってることを示唆している。 実験が示唆しているのは、ほぼ一世紀前に予見されていた別の見方が、今になって正しいことが判明するかもしれないということだ。気を重くする前に聴いてほしい良いニュースがある。これが正しければ、量子力学は遥かに単純な理解が可能になるのだ。 だがまず言わなければいけないことは、…

続きを読む

【生物・健康】『遺伝子組換え食品に対する、迷信的反発は終わりにしないといけない』The Telegraph 2016/5/18

We must end our superstitious objections to genetically modified food JULIET SAMUEL 芯のある現代のトウモロコシがどこから来たのかご存じだろうか?博識な消費者はご存知かもしれない。そう、ラテンアメリカである。だが彼らのうちでもほとんどが知らなことは、それはそこで自生したわけではないということだ。それ…

続きを読む

チェック

人気記事