【医療】『日本とウクライナでワクチンの安全性への疑いが高い』nature 2019/6/19

Japan and Ukraine most likely to doubt safety of vaccines https://www.nature.com/articles/d41586-019-01937-6 科学と健康に対する公共意識に関する世界的な調査によると、裕福な国に住む人々は、貧しい人々に住む人々よりもワクチンの安全性に疑いを持つ可能性が高い。 ロンド…

続きを読む

【認知】錯視を知覚するのはヒトだけではない。猫も、そしてまた人工知能も、錯視を知覚する!

動いていないのに動いて見える不思議な画像は、SNSでも大人気だが、その奇妙さを体験するのはヒトだけではない。 サムネイルの画像のように、猫も同様の錯視を体験することが研究によって示されている。猫がじゃれている画像は、研究の共著者である立命館大学の北岡明佳教授が作成した『蛇の回転』と呼ばれるものだ。 もちろんヒトあるいはホモ・サピエンスは単なる動物の一種に過ぎず、生理システムの…

続きを読む

【物理】『クォークモデルの提唱者マレー・ゲルマン死去』

理論物理学者マレー・ゲルマン(Murray Gell-Mann)が24日に亡くなった。89歳だった。 1960年代までは、陽子と中性子などハドロンと呼ばれる種類の粒子は素粒子(それ以上分解できない粒子)と考えられてきたが、新たなハドロンの発見が相次いだことなどにより、より詳細な構造が示唆されるようになった。ゲルマンは理論的にクォークの存在を提唱した一人であり、1969年、「素粒子の…

続きを読む

【認知・Tech】『片方しか向かない矢印の作り方』

明治大学の杉原厚吉特任教授が視覚のトリックを利用して示した、片方しか向かない不思議な矢印。 杉原教授は東大の名誉教授であり、工学者で錯視などのある種の特殊な図形を数理的に研究している。 人間の目は、奥行き方向の情報処理精度がそれほど高くないため、経験データなどに基づいて脳がデータを補完する結果、錯視が生じるのだそう。 明治大学の杉原厚吉特任教授が示した、片方しか向かない…

続きを読む

【物理】初の反物質を使った二重スリット実験

有名な二重スリット実験を反物質を用いて行った初の実験結果がScience Advancesに掲載された。 二重スリット実験とは、粒子の波動性を実証する実験で、発射点から出発した粒子が、障壁に空けられた二つのスリットを同時に通ることで、向かいにあるスクリーンに干渉縞を示すという結果が得られるものだ。 【2重スリットによる波の干渉】 pic.twitter.com/QUzHhMS…

続きを読む

【健康】アンチエイジング薬、最初の臨床実験をパス

アンチエイジング薬、最初の臨床実験をパス  老化して分裂できなくなった細胞は死なず、化学物質を放出し続ける。これらの物質が老化の原因の一つであると考えられており、それらの有害な細胞を除去する薬の開発が進んでいる。 そして2019年2月、その種の薬を用いた最初のヒトを用いた臨床実験が成功したことが報告された。 研究者らは、特発性肺線維症(IPF)の患者14人に、…

続きを読む

【健康】5分でできる、眠りに落ちる時間を早くする方法

5分でできる、眠りに落ちる時間を早くする方法 2018年に発表された研究によれば、寝る前に5分、明日以降の予定をノートに書きだすだけで、眠りに落ちる時間を10分ほど早くすることができるという。 57人のボランティアを対象とし、研究者らはその半数には「明日以降の数日、忘れてはいけないことをすべて書き留める」ことに5分を費やし、残りの半分にはその日以前にしたことを書き留めることつ…

続きを読む

【Tech】『MIT、レーザーによって耳に直接音声を届ける方法を開発』Futurism 2019/1/25

<概要> MIT(マサチューセッツ工科大学)の科学者が、レーザーを用いることで、音楽からスピーチまで、受信機もなしに人の耳に直接音声を届ける方法が見いだされた。これは、将来の音声やコミュニケーションの潜在的なブレイクスルーになる。 MITはレーザーを用いた二つの異なる方法を開発しているが、どちらも光音響効果というものを利用している。これは物質が光を吸収した結果、音…

続きを読む

【その他】『1600人以上の科学者が、トランプのトランスジェンダーに関する提案を非難』 BBC 2018/11/2

<概要> 9人のノーベル賞受賞者を含む科学者たちが、トランスジェンダーに関するトランプの提案に対して、「似非科学」に基づいていると非難する書簡に署名した。 その書簡では「この提案は、根本的に科学と矛盾するだけでなく、倫理的実践とも、人権とも、基本的尊厳とも相いれない」と述べられている。 その提案とは、ジェンダーは出生の際の性器のみに基づいて決定するというもの…

続きを読む

【認知・心理】『神経科学は、サイコパスが加害のために心の知能指数を利用することを明らかにする。彼らから身を守るにはどうすればよいのか』Inc. 2018/7/25

<概要> 犯罪心理学者であるRobert Hare教授は、人生の大半をサイコパスの研究に費やし、何が彼らを動かしているのかを学んできた (HareはPCL-Rのという、サイコパス的特徴を識別するために最も一般的に使用されている評価法の作成者である)。HareはTelegraphとのインタビューで、サイコパスの共通の傾向として「次元的」であると説明している。 彼らは…

続きを読む

人気記事

スポンサーリンク