[科学で英語]【Tech・認知】『AIはやがて意識を持つようになるのか?』LiveScience から「consciousnessとawarenessの違いについて」2018/5/24

☆[科学ニュースやコラムで学ぶ英語] Will AI Ever Become Conscious?AIはやがて意識を持つようになるのか?からconsciousnessとawarenessの違いについて学ぼう! 抜粋: Philosophers have described consciousness as having a unique sense of self co…

続きを読む

【健康】『砂糖は癌を悪化させる, 9年に渡る研究が示す』ScienceAlert 2017/10/16

<概要> ほぼすべての細胞はエネルギーとして糖を必要とするが、癌細胞は特にグルコースを吸収し乳酸に変換する効率が高い。 これはワールブルク効果として知られ、癌の成長に関係があると考えられてきたが、これが癌の症状なのか原因なのか決定することは困難だった。 9年に渡る今回の研究では、癌細胞による糖の消費が、癌の発達を促す悪循環を引き起こすことが明らかにされ、糖が…

続きを読む

【環境】『不可能な環境主義者:グリーン団体は夢想的なファンタジーを推進している』USA TODAY 2017//9/7

最近、地球の友(Friends of the Earth)が、肉の味や触感をそれなりに再現することに成功した最初の食肉代替品であるImpossible Burgerを拒否した例ほど、現代の環境思想と擁護が単純に環境に悪影響となることを示す例を見つけるのは難しい。 牛肉の消費が劇的に増加すると予想される世界では、消費者が実際のものと同等か、それ以上の味と判断する肉の代替製品の開発は、…

続きを読む

【環境】『カーボンフットプリントを減らす最良の方法は、政府が語らないあること』Science 2017/7/11

The best way to reduce your carbon footprint is one the government isn’t telling you about By Sid PerkinsJul. 11, 2017 , 4:30 PM カーボンフットプリントを減らしたいのであれば、リサイクルをし、公共交通機関を利用するのは良いことだが、本当に違いを生み出した…

続きを読む

【健康】『レクリエーショナルドラッグの中で最も安全なのはマジックマッシュルームかもしれない,新たな証拠』The Business Insider 2017/5/24

<概要> 専門家によれば、マジックマッシュルームは依存性が低く、オーバードーズの関連も見られない。 新たな調査によれば、2016年にマジックマッシュルームを経験した10,000人以上の内で、応急治療を必要としたのは、わずか0.2%だったという。 ただこれは、コントロール群などもなく、実質的にアンケート調査であり、、科学研究ではないということには注意し…

続きを読む

【その他】『March For Scienceで掲げられた傑作サイン集』ScienceTime

"内向的な奴らまで集まってきてるのを見れば、どれだけことが重大かわかるだろう" 最も危機的な問題である気候変動の否定をはじめ、真っ向から科学事実や理性的思考に反するトランプ政権の態度に危機を感じ、科学教育を守り、科学に基づく政策決定を推進し、社会から迷信や偏見を払拭しようと訴えるため、4月22日(アースデイ)に世界各国の600を超える街で、March For Scienceと呼ばれるデ…

続きを読む

【その他】『スティーブン・ワインバーグが一般読者に進める13冊』ScienceTime【推薦図書】

1960年代スティーヴン・ワインバーグは、アブドゥス・サラム、シェルドン・グラショーと共に―自然界の4つの基本的な力の内の2つ、電磁気力と弱い力を統一的に記述する理論―電弱統一理論を完成させた。 この理論はグラショウ=ワインバーグ=サラム理論(GWS理論)あるいはワインバーグ=サラム理論とも呼ばれている。 これに、もう一つの力である強い力を記述する量子色力学(QCD)と合わせ…

続きを読む

【生理】『塩は長期的には喉の渇きに繋がらない可能性』IFLScience 2017/4/18

<概要> 長期的に見れば、塩辛いものを摂ることは、必ずしも喉の渇きに繋がらない可能性が見出された。 この研究は、地上で行われた火星への模擬飛行に参加した10名の男性を対象に行われた。 長期間の宇宙ミッションでは、宇宙飛行士の食事が厳しく管理されなければならないため、塩が人体に及ぼす影響を知ることは重要となる。 これまで塩の消費量は人がより多くの水分を摂…

続きを読む

【医療】『マウスは毛むくじゃらの小さなヒトではない:ずさんな科学はヒトをも損なう』Psychology Today - マーク・ベコフ 2017/4/12

Mice Aren't Furry Little People: Sloppy Science Fails Humans by Marc Bekoff ずさんな科学は重大な殺人犯にもなりうる。 有力な研究者を含む多くの人々が、ヒトの病気について学び、その治療法を開発するために、ヒトでない動物(動物)モデルを用いることに、非常に批判的である。もちろんこれはヒト以外の動物を用…

続きを読む

人気記事